第64回

新人コミック大賞 発表

少年部門


入選

『コリジョン・コースズ・サバイバー』湖山倫啓
(22歳・神奈川県)

この作品を読む

■青山剛昌先生
いやー面白かった! 絵も上手いしテンポも良く、話も悪くない! ただ構図がイマイチで迫力不足! アクションとアクションの間のツナギのコマとか上手く使えばもっと良くなると思う。
■あだち充先生
もう少しヒロインが可愛く描けていれば作品の印象がかなり変わったと思います。
■高橋留美子先生
少年誌的にはキャラクターが渋いと思いますが、話の進め方が通り一遍でなく最後まで面白く読めました。
■満田拓也先生
今回の応募作の中ではダントツで良かったと思います。

入選

『GRASS〜グラス〜』牧山博隆(23歳・福岡県)

この作品を読む

■青山剛昌先生
正直全くのれなかった……(汗)変わった題材だとは思うけど主人公達に魅力が無さ過ぎる。エピソードとエピソードのつなぎも悪くて読みづらい。もっと読者を引き込むような話作りを!
■あだち充先生
水草、魚に関する説得力のある説明、絵に比べるとキャラの魅力が今一歩なのが惜しい…
■高橋留美子先生
テーマが新鮮で面白く読めました。絵も丁寧でネタに対する作者のこだわりが感じられて好感が持てます。人物の絵にもう少し魅力がほしいです。
■満田拓也先生
難しい題材にチャレンジするのは良いと思いますがいささか地味すぎて何とも……

佳作

『ラフ・メイカー』今田裕紀(21歳・兵庫県)

この作品を読む

■青山剛昌先生
わけのわからない世界でわからん事をやっていても話に入り込めないし、感動もしません! どんなファンタジーやSFでも現実の世界とどこか共通点があるはず!
■あだち充先生
設定に甘さもありますが、年齢で絵を見ると将来性という点では一番かもしれません。
■高橋留美子先生
ストレートな話で、キャラクターの感情もていねいに描かれています。ただ、もうひとつ意外性が欲しい。絵も既存の作家から脱却して個性を加えてください。
■満田拓也先生
細かいネタにセンスを感じます。絵や構図も良かったと思いますが、見せ場の見開きあたりはもう一工夫を。

佳作

『背後中年』たか(22歳・新潟県)

この作品を読む

■青山剛昌先生
超ォ〜〜面白かった! とにかく霊が喋らないのが良い! ある意味リアルで迫力がある! 絵もインパクトがあってテンポも抜群! 間違いなく今回のイチオシ! 末恐ろしい(笑)
■あだち充先生
独自の世界を持ってます。おバアさんがおバアさんに見えませんが…
■高橋留美子先生
極力説明ゼリフをけずって、絵で見せたいという意図はわかりますし、その姿勢は評価しますが、所々伝わらない場面が見受けられました。
■満田拓也先生
テーマは悪くないと思いますが、絵がまだまだです。怖い絵やキャラでもいいんですが、読者が不快にならない工夫を。

佳作

『飲みこめ!! アクマ』小溝達也(23歳・東京都)

この作品を読む

■青山剛昌先生
まあまあ面白かったけど、尻切れトンボで残念! でも、テンポもノリも良かったので、もっと絵が上手くなればモノになるかも。
■あだち充先生
女の子、もう少し可愛くなりませんか?
■高橋留美子先生
シュールで面白かったです。人物の絵もこの話に合っているとは思うのですが、もう少し練習してください。
■満田拓也先生
つかみは良かったんですが、元に戻る方法が試食のあたりからダレちゃいました。ギャグ漫画と割り切っても、もう少し展開に芯を。

佳作

『信頼と実績のリペイント』岡村美里(23歳・東京都)

この作品を読む

■青山剛昌先生
うーむ…いい話にしようとして無理矢理、蛮族をペンキ塗りにしているように読めてしまう。説得力がない! でも構図もうまくテンポもよく読みやすかった。
■あだち充先生
他のジャンルの作品を見てみたくなる絵の力です。
■高橋留美子先生
前半で蛮族の説明が足りず、クライマックスが少し唐突に感じました。異世界物だからこそ、主人公に感情移入できる演出を工夫してください。
■満田拓也先生
まとまっていたと思いますが…