第69回

新人コミック大賞 発表

少年部門


佳作

『伝説の兄』我妻デニス(埼玉県・26歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
話は悪くなかったんだけど、ストーリー展開がまどろっこしくて… 余計な演出をスッパリ削ってストレートに見せた方が良かったかも。屋上からトイをつたって、降下してドロップキックはイケてたけどね(笑)。
■西森博之先生
ストーリーと隠していたモノは良かったと思います。しかし、絵の見せ場そこだよって所に力が入ってない感じが惜しいですかね。
■藤田和日郎先生
絵も上手、気合いの入った顔もいい。けれど、兄と妹が惜しいなァ。まず漫画は好感をもって読まれないとダメなんだよ。2人の「いい所」を丁寧に描いてから本筋をやらないと読んでもらえないのが少年漫画の難しいところ。
■満田拓也先生
オーソドックスなお話ですが、きちんと読ませてて好感が持てました。

佳作

『ネコのオッサン』山本崇一朗(埼玉県・24歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
うーん、オッサンが猫に見えるという設定は面白いけど、なんでその能力を得たのかをウソでもいいから、ちょこっと触れて欲しかった。実は彼女が主人公に悟らせるためにかけた呪いだったとか…(笑)。
■西森博之先生
オッサンの絵が妙にうまい。も少しオッサン猫が悪い事をした方が読者も楽しく入り込めるんじゃないカナ。
■藤田和日郎先生
絵がすごく上手だね。表情も上手い。でも残念。この内容でページをかけすぎだと思います。オッサンがこの恋路にどういう役割であるのかをまず明確にしたら、お話に勢いがつき、読者も楽しめるんじゃないかな。
■満田拓也先生
キャラとコミカルなやりとりが良く、笑わせてもらいました。オチにひねりや、感動系があればもっと良かったです。

佳作

『幼艶シャッフル』大野桂吾(東京都・26歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
意外な展開で結構面白かったけど、ニートの主人公がモテモテになって、仕事にもつけて、オールOKじゃん(笑)! もう少し、あのままじゃよくない事が起こるという事を匂わせて欲しかった。
■西森博之先生
そのままのオマエがいいというエピソードを、も少し入れた方が良かったと思います。なんか、もったいない感が…
■藤田和日郎先生
わかりやすい絵がいいね。君次第で何のお話でも描けるよ。不思議なコトに巻き込まれるお話は主人公が重要。主人公がちゃんと驚き、戸惑ってくれないと、読者が何に驚いていいのかわからなくなっちゃうんだ。
■満田拓也先生
変身するのは面白いんですが、男が美少女に変わったのにドキドキ感が足りない。Hなことを敢えて切り捨てたのかどうかわかりませんが、消化不良な印象。

佳作

『DISALLOW!!』キメジマナカル(千葉県・24歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
絵はうまかったけど、ラストのアクションシーンで迫力を出す事を優先しすぎてわかりづらかったのは残念。あと、あれで友達が出来るとはいまいち思えんのだが… セリフは良かった。
■西森博之先生
ストレスエネルギーを解消するトコの怒りみたいなモノはいいと思います。も少しクライマックスを盛り上げてくれたら良いかと…
■藤田和日郎先生
言いたいコトを漫画に叩きつけるパワー。これがあっての少年漫画だからいいよ君ィ。でも、そこに至る心の動きがわかりづらくちゃ読者は納得してくれないんだ。何がなされてどういう状態なのか説明するコマがないね。
■満田拓也先生
絵はいいと思いますが、ちょっと自分は入れませんでした(笑)。