第70回

新人コミック大賞 発表

児童部門


佳作

『夢現少年ミント!』石井敬士(東京都・25歳)

この作品を読む

■藤子不二雄A先生
夢と現実の世界を、主人公が行ったり来たりするところが面白い。主人公のキャラは、チャーミングだ。ただ、夢の世界の表現を、もっと広がりをつけて楽しく描こう。
■樫本学ヴ先生
かわいい絵と、元気のある動きで楽しく読めました。ただ画面がゴチャゴチャで見にくいので、タッチを変えるとか、トーンをおさえるとか、わかりやすくする工夫を。
■沢田ユキオ先生
今回の瞬間爆睡ネタとか、夢現大放出とか、その発想力は、間違いなく持ち味で武器だと思うんです。わかりやすい設定の中で、その持ち味を発揮していってください。
■のむらしんぼ先生
明るい絵柄で、キャラもイキイキしている。お話の展開に勢いがあり、コマ運びにもスピード感がある。夢の中から現実世界にモノを持ってくるという発想が面白い!

佳作

『ニニフと魔法のレストラン』北村謙次(京都府・25歳)

この作品を読む

■藤子不二雄A先生
全体的に優しいタッチで描いていて、この世界とマッチしている。レストランが、森の住人たちで満員になっている見開きのシーンがいい。
■樫本学ヴ先生
いいお話なのですが、もっと漫画的なアプローチもほしいですね。絵は文句なく上手いです。トーンを極力おさえ、ペンタッチで表現しているところに感心しました。
■沢田ユキオ先生
一篇の童話を読んだような気分です。絵も話にあっていて、とてもいい雰囲気があり、いい場面を作ろうとする姿勢も感じられます。魔女の魅力不足が、残念です。
■のむらしんぼ先生
繊細なタッチながら、絵に深みと味がある構図の取り方もうまく、奥行きを感じさせます。ただ時々手抜きに感じられるコマがあるので、小さな努力を惜しまずに!

佳作

『花だんの妖精 ステファンくん』今間聡史(東京都・30歳)

この作品を読む

■藤子不二雄A先生
うんちを、可愛い妖精の主人公にしたところはユニーク。うんちは、キタナイとか言われているが、人間にとって大事なものだ。その点をもっと楽しく描いてほしかった。
■樫本学ヴ先生
絵は、好みがわかれると思いますが、個性的で自分のタッチになっています。セリフのテンポ、ため、落とし、つっこみの流れが小気味よくて素晴らしいと思いました。
■沢田ユキオ先生
うんこネタに上品な絵柄は、なんだかミスマッチで面白いです。うんこネタのオンパレードなのに、簡略化された絵柄のせいか、そんなに下品に感じられませんでした。
■のむらしんぼ先生
絵はかわいく、線もキレイですっきりしていて、見やすくていいい。登場キャラも魅力的。リズム感もあって好印象。でも「うんこ」以外のネタへの広がりもほしいね。