第71回

新人コミック大賞 発表

少女・女性部門


入選

『夏と冬とを繋いだら』富田和(茨城県・26歳)

この作品を読む

■岩本ナオ先生
漫画の見せ方をわかってる方だと思います。この作風に必要なのは個性と思うんですが、個性って、この話を自分なりにあとどれだけ面白くできるかだと思います。エピソード、セリフを考え抜き、もう一歩感動させて下さい。
■中原杏先生
お話も絵も、とてもとても上手だなと思いました。プロレベルです。表現力や構成力が秀逸でした。ただ、全体的な作画が「味」を通り越して本当に雑なのが少し残念でした。でもすごく好きな作品です。
■水瀬藍先生
絵が上手でタッチの雰囲気も好きです。心温まる良い話ですが、テーマがふわふわしてなんとなくしか伝わりません。もっと主人公という人間に集中して考えてみて下さい。見せ場の投げ飛ばすシーン、かっこよかったです。
■宮坂香帆先生
重さに引きずられて読むのが辛くなりがちな題材なのに、適度な笑いのお陰で読みやすく、バランスが良いと思いました。脇キャラ達も秀逸で漫画らしいキャラが楽しいです。何はともあれ、36P目のお兄ちゃんに惚れました。

佳作

『愛しきヘタレ様』あずき優里(東京都・29歳)

この作品を読む

■岩本ナオ先生
女の子の性格が前向きではっきりしてて良いです。もう少しエピソードを整理し、互いが告白する場面にページをさけたら、より話が盛り上がったかなと思います。大ゴマの男子の顔はあまり幼くなりすぎない方がいいかな。
■中原杏先生
可愛い絵柄と高い画力で表情や動きがイキイキしています。お話もしっかりしてスッと読めました。ただ全体的に平坦なエピソードを重ねている印象なので、整理してヤマ場.ラストを盛り上げると更に良かったと思います。
■水瀬藍先生
キャラクターがどんな小さなコマでもそのキャラらしく演技ができるところ、とても良いです。男の子はもう少し色気が欲しいですね。ヘタレキャラと見せ場でのギャップをバーンと表現できたら、一層良かったと思います。
■宮坂香帆先生
一歩間違うと嫌われそうなタイプの主人公がだんだん可愛く見えてくるのは、描き方が上手いのだと思います。全体的に主人公のノリが良く、軽いテンポで読みやすいので、楽しく読むことができました。

佳作

『ドリームめいカー!』みづき真葉(奈良県・30歳)

この作品を読む

■岩本ナオ先生
見せ場がはっきりして、とてもいいお話でした。まんがはキャラが大事なので、主人公の女の子にもっと共感できる工夫をして下さい。二人とも演技ができる設定なので、そこをエピソードに使った方が良かったと思います。
■中原杏先生
元気いっぱいで、かわいらしい絵柄です。お話も、楽しい雰囲気でいっぱいでした! ヤマ場のエピソードもしっかり描けてて、アップの顔も印象的です。
■水瀬藍先生
キャラが活き活きして好感が持てます。目力のある絵はとても良いですね。普通ラストに持っていきそうな転校の話を中盤にテンポよく持ってきて、そこからぐんぐん盛り上げていく流れは、読んでいてわくわくしました。
■宮坂香帆先生
見せ方を心得ていると思います。コマ運びもこなれているし、学校での楽しさが画面から溢れて伝わってきます。やや駆け足な印象なので、もう少し二人のやりとりに的を絞り、心情を余韻のある描き方にしてほしかったかも。

佳作

『スワン★コンプレックス』はやみ知晶(宮崎県・18歳)

この作品を読む

■岩本ナオ先生
設定がすごく良くて楽しいお話ですね。キャラクターも面白いけれど、いつもカメラが近くてバストアップのコマが多く、背景も入ってないので、画面に目が止まりません。頑張って画力やカメラワークを向上させて下さい。
■中原杏先生
ノリが独特で、楽しく読めました。とっても良い個性ですね。動物がすごく可愛いです! お話は、文字で進めすぎなのでエピソードで見せてほしいです。あと、ややわかりづらい部分もあったので注意して下さい。
■水瀬藍先生
主人公のセリフ回しが面白いです。ストーリーは少し淡淡としてしまっているので、承から転の流れを盛り上げていけると良いですね。絵柄はかわいいですが、粗さが目立ちます。見やすい画面の研究を。白鳥かわいいです。
■宮坂香帆先生
キャラのノリがいいです。主人公のセリフが面白いし、相手役の男子も立ってて良い。彼の変態っぷりはもっと見たかった気も。全体的に文字で説明しすぎで、コマが小さいのがもったいないです。