第73回

新人コミック大賞 発表

児童部門


佳作

『マスターガード』いたる亮助(兵庫県・28歳)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
ペットが、実は飼い主を守るマスターガードだったという着眼点はワクワクするし、読者も「ひょっとしてうちのワンちゃんも…」と期待感を持って入れると思います。
■沢田ユキオ先生
「飼い主は、ぼくが守る」という、ペットから見た世界観がとても面白い!! ただ背景があっさりしすぎ。地下基地と地上を違う雰囲気にする等、臨場感がほしいです。
■のむらしんぼ先生
絵は線がキレイで白黒のバランスもよく、とても見やすい。登場キャラも、絵的な可愛さがあって好印象。セリフもテンポもスムーズに流れているのも、すごくいい!!
■むぎわらしんたろう先生
かなり完成されたレベルです。主人公の犬たちの意外な世界も楽しく読めました! 擬人化だけに走らず、飼い主の少年との関係もしっかり描けていて、見事です!

佳作

『デヴィルス×ドクター』私市敬(東京都・27歳)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
かなり手慣れている印象を受けました。面白かったです。デヴィルスと戦うのが、保健の先生・毒ターというのが、読者にとっては身近な設定で、成功していると思います。
■沢田ユキオ先生
迫力、テンポの良さで、最後まで楽しく読めました。「あきらめないこと」というありがちなテーマも、「病は気から!!」という"ひねり"があって面白いです。
■のむらしんぼ先生
オリジナリティーに富んだストーリーを、高く評価します!! デヴィルスの発想、アイデアが素晴らしい。興味津々のその内容、展開に引き込まれ、面白く読めました。
■むぎわらしんたろう先生
病原菌や主人公の設定を理解して、読者がついていけるのかは、少し心配です。読者を意識するようになると、絵やセリフなどが変わってきます。挑戦してみて下さい。

佳作

『ダイチのシロオビ!』横山滋(愛媛県・21歳)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
アクションのコマの使い方のテンポがよく、表情も豊かでポージングもかっこいい。しかし、話が薄く、主人公にもっとピンチを与えないと読者の心は動きませんよ。
■沢田ユキオ先生
作品全体に、やや稚拙さが感じられ、先が読める展開で意外性がないのは残念。ただ、伸びる要素は、あちこちに感じられるので、これからが楽しみです。がんばって。
■のむらしんぼ先生
テンポの良さと画面の迫力に引き込まれ、ラストまで一気に読まされました! セリフも簡潔で読みやすい。絵が見やすく、人物の愛情にも動きにも、勢いがある!!
■むぎわらしんたろう先生
天然主人公が元気いっぱい! 独自のコマ割りも効果的です。しかし内容に対してページ数が多いです。ムダなコマを整理すれば、もと迫力あるコマが引き立ちます。