第73回

新人コミック大賞 発表

少年部門


大賞

『チキンレーサーズ』麻貴早人(愛知県・22歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
最高です!! 絵も演出も上手いし、何よりセリフがバツグン!!! 漫画を読んでるはずなのに映画を観てる気がしたよ! 新人の漫画を読んでラストでこんなにハラハラしたのはこの作品が初めてかも(笑)。
■田中モトユキ先生
よく作り込まれたストーリーです。それだけにやや話先行で、キャラを合わせた感がする所は少し残念。
■西森博之先生
あり得ない話なのにキャラが説得させてます。余韻のある良いお話でした。
■藤田和日郎先生
複雑なお話をよくハッピーエンドまで持っていったね。その力技は、今に連載を持った時、確実に武器になりますよ! ただし読切でのし上がってゆくためには、ストーリーを練り込もうね。

入選

『死出の枝道』武藤極(秋田県・19歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
すごく面白かった! ネームも迫力があってスラスラ読めた。ただヒロインの名前を子子子子子子子にする必要はあったのかなぁ? 名前にイメージを付けたくなかったのかもしれないけど、逆に気になる(笑)。
■田中モトユキ先生
よくもまあ、こんなに息苦しい作品を描けるものです。誉め言葉ですよ。死神のデザインには、もっとキャッチーさがあればより良かったかも。
■西森博之先生
19歳とは思えない立派な構成ですね。良いと思いますよ。
■藤田和日郎先生
緊張感のある作品です。どこに行くか分からないスリリングさから、言いたいコトが心に突き刺さってきていいです。感心しました。ただ、心の動きが最後の叫びと結びつきづらいのが残念です。

佳作

『イケてる男のCATCH学!』萩原友生(神奈川県・22歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
うーん… 割と面白かったけど、右ページの右上のコマが小さくてないがしろにされていたので乗れなかった。それに背景が少々ガチャつき過ぎ。あと、ヒロインに眼帯を付けさせた意味が分からない。
■田中モトユキ先生
一所懸命な作画に好感が持てます。スポーツを描く新人は珍しいので期待してます!
■西森博之先生
軽妙なお話とテンポは良いのですが、コマ割りが読みにくいです。
■藤田和日郎先生
アイディアや面白さをページ内に詰め込もうとした心意気はとても好感が持てます。でもね、主人公の気持ちの説明が足りないんだ。君の次の課題は丁寧に感情を描くこと。

佳作

『絵師弟子』晴十ナツメグ(千葉県・22歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
絵がきれいでとても読みやすく結構面白かったけど…何かこう…盛り上がりに欠けたなぁ… 主人公が女だと分かるシーンが一番の見せ場だと思うけど、その後の展開に工夫がなかったと思う。
■田中モトユキ先生
作画はすでにプロ並みです。主人公が正体を明かす演出にはサプライズがありました。でも、エピローグは蛇足感が。読切は欲張らず、潔さも必要です。
■西森博之先生
絵は大変達者です。ただ、見せ方をもう少し考えた方が良いですね。もったいないです。
■藤田和日郎先生
上手な絵だと思います。漫画家になったらファンがきっとたくさんつきましょう。ただしその前に、物語を読まねばね。どこで、いつ、どういうキャラが…の説明を飛ばしてしまうと、読者を誘えませんよ。

佳作

『ジュウ ヨク ゴウ ヲ セイス』清水裕(京都府・21歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
とても分かりやすい話で好感は持てたけど、ちゃんと演出が出来ていない。せっかくいいセリフを喋ってるのに、間が上手く取れてないので心に響かない。
■田中モトユキ先生
読後感が抜群に良かった! 少年漫画に必要な要件が詰まってます。爽やかな作風、今後も期待します。
■西森博之先生
単純明快なストーリーは好感が持てます。でもそれを支えるため、個々のキャラクターをもう少し掘り下げて欲しいです。
■藤田和日郎先生
爽やかなスポーツ物として全てのコトを盛り込めました。ただ、漫画はそれだけでは読者は喜んでくれません。この漫画はキャラクターが必要です。あなた自身の心で喋っていますか?

佳作

『仮面の街』花城黒和(愛知県・21歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
ちと物語の導入部が強引すぎる感はあるけど面白かった。ただ、奇妙な世界に迷い込んでる割には演出が当たり前すぎて残念。もっともっと怖くなるぐらいの摩訶不思議な世界にして欲しかった。
■田中モトユキ先生
作画は達者、構成力もあります。しかしこの作品には致命的な欠陥があります。キャラクターが存在していません。ハンバーグのないハンバーガー、トンカツのないカツ丼です。
■西森博之先生
入り口は良くできていました。どんな人間なのか、すぐに分かりました。ストーリーはもう一ひねり欲しいところです。
■藤田和日郎先生
奇妙なお話を見せ場を意識して見せられました。構図や演出もかっこよくできました。ただし、最後の所に行って読者に衝撃を与えるためには、何が主人公に欠けていたか…という具体的な設問と理屈が必要です。

佳作

『夏だけ。』小枝 実(千葉県・22歳)

この作品を読む

■青山剛昌先生
面白くて笑えた。すぐにオチは読めたけど、それを踏まえた上で描いてるのでOK! ただ、30P目の大事なセリフはなるべく短くして分けるといいかも。
■田中モトユキ先生
かわいい絵に好感が持てます。アイディアは良いですが、エピソードがやや坦々として起伏に欠ける気が。あと読後感がなぜか少女漫画な所が、妙に引っかかります。
■西森博之先生
導入部は良い。完成したロボットの絵には笑いました。愛のエピソードがもうひとつ欲しかったな。
■藤田和日郎先生
正しいコトを物語を通じて語るコトができた。君のこの漫画を誇ってください。人の心が変わるこのストーリーの上に、これからより楽しいより面白いアイディアをのせてゆくコトが君のこれからの課題です。