第74回

新人コミック大賞 発表

児童部門


入選

『トレプラ』鈴木光(東京都 ・29歳)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
この作品で何が一番素晴らしいかというと、それは「読みやすい」ということだと思います。読むことにストレスがないのでギャグやお話が、とても楽しく読めました。
■沢田ユキオ先生
細部まできちんと描かれた遺跡など背景がいい。共にトレジャーハントしているような臨場感があります。感動させる話を描ける方なので、更なるレベルアップを期待。
■のむらしんぼ先生
物語の入り方がいい。つかみのインパクトで、読者を引き込んでいる。しっかり描き込んだスピード感のある迫力画面と、すかっと白く抜いた画面のバランスもいい。
■むぎわらしんたろう先生
「トレジャーハントプランナー」という設定が新鮮。先を期待させるネタもたくさん散りばめてあり、頁をめくらせる力があります。絵は見やすく丁寧で、とても読みやすい。

佳作

『ワンダフル・ガンチョー』森康太郎(千葉県・28歳)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
カンチョーで武器を持つ荒くれ者達と戦うという、バカバカしくもかっこいいアイデアは、文句なしに子供達は大好きだと思います。私もワクワクして読めました。
■沢田ユキオ先生
しっかり描かれた画稿の完成度には感心。話は、ブキオーを倒す手段に、「気持ち」だけでなく何か具体的な策が(バカげた事でもいいので)ほしいところです。
■のむらしんぼ先生
作者のまんがに対する熱意と一生懸命さが画面から伝わってくる点は評価大。人物と背景のタッチが変わらず、見づらい点を工夫すれば、グンとよくなると思います。
■むぎわらしんたろう先生
カンチョーVS銃の西部劇! ネタは楽しいです。ただ、勝てるわけがない勝負なのだから、勢いだけで敵を倒すだけでなく、あの手この手のアイデアがほしいです。

佳作

『スター忍伝コタローくん!!』おごしゆう(東京都・28歳)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
くやしいかな、かなり笑ってしまいました。全てになめきってる感があふれていて、最後まで面白く読めまスタ。ギャグのテンポとキレが、バツグンです。
■沢田ユキオ先生
登場するおバカなキャラは、ボケ・ツッコミが明確で、それぞれのネタもわかりやすくて面白い。ただ見せ方の処理がまずいので、ギャグが伝わりにくい気がします。
■のむらしんぼ先生
主人公はもちろん他のキャラも、ギャグとしての役回りをしっかり演じていて、とても楽しく読めました。セリフも言うべきポイントを押さえていてハズしていない。
■むぎわらしんたろう先生
すんなり読めました。めくりでたのしませる技術を持っています。せっかく忍者なので、忍者ならではのネタが、もっとほしかった。次回作、楽しみです。