第74回

新人コミック大賞 発表

少女・女性部門


入選

『恋音ラジオ』咲花きっか(東京都・30歳)

この作品を読む

■大海とむ先生
絵や演出に既存の作家さんたちの影響が見られますが、キャラクターの感情表現が豊かで魅力的です。動きのあるエピソードで説得力があります。見せ方を心得ていて盛り上げ方も上手いです。
■くまがい杏子先生
男キャラが絵も台詞も、とにかく魅力的。アメとムチが絶妙で、頭くしゃくしゃされてからのシーンは、主人公と一緒にドキドキして泣きそうになりました。告白のあとにもうワンシーン、ラブがほしかったです。
■最富キョウスケ先生
コマ割りや構成が明快で、話に入り込むことができました。絵は可愛いです。男性のカメラ目線がほぼ無いので、今後使うと画面に変化が現れると思います。ラストに向かうにつれて、作りが雑になっていくのが残念でした。
■和央 明先生
恋に仕事にがんばる一生懸命な女の子は見ていて応援したくなりますね。構図、コマ割り、描き込み、とても見やすいです。ただ最後の「両想い」は不自然に感じます。いつ彼が彼女を好きになったのか分かりませんでした。

佳作

『ワタシノカラダ』吉岡侑依(静岡県・27歳)

この作品を読む

■大海とむ先生
キャラクターに愛嬌があり、ドキドキする気持ちがとてもよく伝わりました。個人的には、主人公の行動や考えに共感できず入り込めなかったのが残念ですが、これは読む側の好みの問題かもしれません。
■くまがい杏子先生
気になる男子に胸を揉んでもらうという斬新な展開を思い切り描かれているのがよかったです。ただ、ヒーローの設定が消化できなかったので? 下着メーカー社長の息子?など、説得力があれば、もっとよかったです。
■最富キョウスケ先生
ヒーローの設定がかなり強引ですが、大胆なキャラ設定ができるのは、ひとつの才能だと思います。軽快なセリフ回しもセンスを感じます。アップの絵が画一的なので、目で感情表現できるようになるとよいと思います。
■和央 明先生
女性が好きそうな作風ですね。胸を揉む治療を保健室でする男の子…奇抜な設定を真剣に描いていると感じました。よくも悪くも恥ずかしいマンガでしたが、それを狙って描かれたとしたら、プロなんだと思います。

佳作

『笑顔シール』長谷川さわ(千葉県・19歳)

この作品を読む

■大海とむ先生
キャラクターの表情が魅力的で、画面が華やか。感情の表現が豊かで、男女ともにとても可愛いです。小道具の使い方もとても上手いと思います。
■くまがい杏子先生
絵が可愛くて表情の変化が上手に描けています。デフォルメのコマの入れ方もよく、読みやすいです。ただ、主人公の女の子と男の子以外のキャラやモブをもっと登場させて、学校内の生活感を出してほしかったと思います。
■最富キョウスケ先生
お話はありがちな展開ですが、各エピソードに独特のリアリティーがあり、優れたセンスを感じます。内気な女の子の小さな勇気、男の子の誠実な性格がよく描けていて、好感度の高い作品だと思います。
■和央 明先生
心温まるお話ですが、内気な女の子なのに男の子とはコミュニケーションがとれているので、主人公の性格設定に違和感が残ります。男の子の助けを待つ姿勢ではなく読者にガッツを与えられるキャラを作りましょう。

佳作

『先生』大上貴(京都府・33歳)

この作品を読む

■大海とむ先生
線はシンプルですが雰囲気作りが上手いです。画面にメリハリがあって、静かだけれど動きがあるのはセンスのよさだと思います。現在と過去の行き来が感情の流れを若干リセットさせますが、上手くつないでいます。
■くまがい杏子先生
テンポ・表現が個性的で、はっと目が止まるコマが多いですね。読者の記憶に残る作風だと思います。先生を好きになり、あきらめようと思うけれどふっきれない…そんな主人公の気持ちがよく伝わってきました。
■最富キョウスケ先生
非常によく練られた質の高い作品だと思います。複雑なストーリーをうまくまとめ、読者を引き込む力があります。ページ一枚一枚にイラストレーション的な美しさがあり、大胆にコマを扱ったラストも素敵でした!
■和央 明先生
とてもおしゃれな絵ですが、矢沢あいさんの絵と似ているので顔の描き方などを見直してみてください。お話は次の展開が気になってドキドキしながら読みました! ただエピソードとセリフが多すぎる気がしました。