第77回

新人コミック大賞 発表

少女・女性部門


大賞

『アイドル急行』ときわ藍(愛知県・14歳)

この作品を読む

■花緒莉先生
構成力があって場面展開・見せ方も上手! 主人公にも好感が持てました。まりあちゃんを非難してしまうのは残念。努力している主人公だからこそ、まりあちゃんの良い所を見つけられる視点を持つともっと良かった!
■杉山美和子先生
力強く勢いがあり、ぐいぐいと引き込まれて楽しく読んでしまいました。リアルでみずみずしい若い感覚が素晴らしい! ただ、ペンタッチや仕上げの処理が雑です。先輩方がどれだけ丁寧に原稿を作っているか意識してみて。
■能登山けいこ先生
わかりやすい話の構成でスラスラ読めました! 盛り上がるシーンもしっかり読者をひっぱり上げてくれます。身体の描き方がもっとバランスがとれるようになれば、絵にぐっと華やかさが増すと思います。
■水城せとな先生
可愛い絵柄で、キャラの個性もそれぞれがわかりやすく描かれています。物語の基本がキチンと出来ていて、ムダがなく、テンポも良いです。全てがオーソドックスすぎるとは思いますが、これからの成長が楽しみですね。

佳作

『アイスを買いに』こだまはつみ(愛知県・32歳)

この作品を読む

■花緒莉先生
小説を思わせる冒頭のモノローグが魅力的で入り込めました。描き込みも丁寧。三姉妹とアイスというテーマがあるのに途中脱線してしまうのがもったいない。そして最後、未来が想像出来る見せ方をしてほしかったです!
■杉山美和子先生
描きたいものや世界観などがはっきりしていて良いと思います。絵が達者で、最後まで読ませる力があります。ただこのエピソードと構成でP32というのはやや長く退屈な印象。心に残るものがあるともっと良い気がします。
■能登山けいこ先生
目を奪われるような絵の魅力があります。エピソードの使い方が自然なのにしっかり計算されていると思いました! ただ、肝心の本題に入るまでが長かったり、どこを一番盛り上げたいのかわからなかったのが残念でした。
■水城せとな先生
絵やキャラ描写は丁寧で良いです。主題を絞ってもっと掘り下げれば、良いものになったと思います。主人公はどうしたいのか?という軸がないのも改善点。アイスも話に活かされていないのが、惜しいと感じました。

佳作

『傍らコンプレックス』野木せいや(福島県・25歳)

この作品を読む

■花緒莉先生
絵柄がキレイで読みやすいです。キャラクター設定は、フィクションの世界なので、もっと読者が憧れる可愛らしさがあっても良いと思います。負けず嫌いのいじっぱりを、可愛く見せる工夫がほしかったです!
■杉山美和子先生
ヒロイン、ヒーローの掛け合いがとても良く、キャラが魅力的に引き出せています。テンポとリズムが良い反面、引っかかりがないので、読者の心に残る、印象的なシーンは大きく入れるなどメリハリを意識してみては。
■能登山けいこ先生
丁寧でわかりやすい心理描写でした! 主人公が男のコに嫉妬していくシーンは秀逸。ただ、前半部分の主人公が淡々としすぎていて好感を持つまでに時間がかかったのが惜しいと思いました。
■水城せとな先生
絵は可愛らしく華があります。印象に残る場面やセリフが少ないのが残念。特に会話は無駄なやりとりに見えないような工夫を。独りよがりな態度を取るヒロインを相手が好きになる理由なども描いてほしいと思いました。

佳作

『最後に妖精を見た日』智衣薫(大阪府・21歳)

この作品を読む

■花緒莉先生
独創性があり好感が持てました! ただ独創性があるだけに妖精の存在の必要性を明確に読者に伝える描き方をしてほしかったです。モノローグが多すぎて、大事なモノローグが流れてしまっているのが、もったいないです。
■杉山美和子先生
優しくて可愛らしいお話です! 変わりたいと思う内気な主人公が、素直に描かれています。ただ、同じようなエピソードが、同じ重要度で繰り返し描かれているため単調な印象を受けます。飽きさせない工夫を!
■能登山けいこ先生
絵がとても上手で男のコに色気を感じます! 「妖精」のデザインも可愛いです。セリフやコマが多かったり、色んな情報をつめこみすぎな部分があるので、もっと簡潔に伝えられれば、ぐっと読みやすくなると思います。
■水城せとな先生
絵はとても上手でキレイ、画面作りもセンスが良いです。ただ主人公の考えていることがモノローグで説明されすぎています。恋の話なのか、みんなと仲良くなりたい話なのか…主題も明確にしたほうが良いと思います。

佳作

『嘘つきペナルティー』天王寺優(新潟県・22歳)

この作品を読む

■花緒莉先生
男の子の見せ場があり、かっこよく、絵柄も魅力的に描けていて良かった。主人公も可愛らしい。でも、所々エピソードが伝わりにくく、置き去り感があった。読者に伝わるような描き方をしてほしかったです!
■杉山美和子先生
引いた絵で人物と背景が入っている絵が多く、5W1Hが大変わかりやすく好感が持てます。ただ、その分キャラの印象的なアップが少なく、魅力が半減してしまっています。良い設定を活かしきれていないのも、もったいなかった!
■能登山けいこ先生
男の子がとてもカッコよくて、ツンとデレの描き方がうまいと思いました! 主人公を助けるシーンも良かったです。所々、何が起こっているのかわからないので、状況説明が丁寧に表現できれば更に良くなると思います!
■水城せとな先生
絵はキャラクターの顔だけじゃなく、動き(作中で言うとガラスを割るところや水をかけるところ等)も描けるようになることが必要だと思います。主人公の気持ちや行動がお手軽に見えないような工夫もしてほしいです。

佳作

『お姉さまは不器用』清水ハル(福井県・30歳)

この作品を読む

■花緒莉先生
キャラがいきいきしていて魅力的! テンポも良く読みやすかった。ですが、テンポに押されて素敵なシーンも流れていると感じました。最後、男の子が主人公の行動を待っていて情けなく見えたのも惜しいと思いました。
■杉山美和子先生
画面のメリハリが上手で、アップや見せゴマが効果的に使われています。ただ、セリフと、モノローグと、説明と、つぶやき的な書き文字が一緒に入るコマが多く読みづらい印象。特に冒頭の時系列がわかりにくかったです。
■能登山けいこ先生
不器用でストレートな主人公に好感が持てました! 応援したくなります。しかし後半、かけ足気味に話が進むので、キャラの行動についていけなくなります。バランスが取れたら、もっと面白くなると思いました!
■水城せとな先生
雰囲気的に勢いがあるのですが、キャラの性格、感情、起きていることを全部セリフ・モノローグで説明してしまっています。ヒロインが涙で告白し、すぐ次のコマでは涙が出なかったり、人物描写が雑な印象を受けます。