第79回

新人コミック大賞 発表

児童部門


佳作

『幽霊番長』日之出かおる(26歳・東京都)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
よくまとまっています。「幽霊番長」というキャラ設定にワクワクしました。しかし、その設定が今一つ生かされておらず、肩すかしの感があったのが残念です。
■沢田ユキオ先生
幽霊と戦う、おバカすぎる番長の話は、いい意味でB級映画っぽくて面白かったです! もっと型やぶりなハメをはずした展開であってもいいかと思いました。
■のむらしんぼ先生
導入のしかたがとてもいい! テンポよし!アイディアよし!絵もよし!の三拍子そろったまんがでした。特にラストの緊張感は、よく描かれていて引き込まれました。
■むぎわらしんたろう先生
はじまりから爆笑してしまいました。幽霊と本気でケンカする主人公のおバカっぷりが楽しかったです。番長なので、最後は拳でケリをつけてほしかったかも…。

佳作

『宇宙ドロボーぺぺ』木村風太(19歳・千葉県)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
絵柄的に、元気で明るくてにぎやかで、今回一番児童漫画していて目を引きました。19歳で、これだけしっかりした作品が描けることに驚きと期待でいっぱいです。
■沢田ユキオ先生
見せ方を十分心得た、心地いい作品でした。しっかり描かれた画稿にも好感が持てます。全体的に、ややこぢんまりして、良くも悪くも安定の域を出ていないのは残念。
■のむらしんぼ先生
お話だけじゃなく、絵にも爽やかさと明るさがあるからか、読後感がすごくいいです。特にラストは、「気持ち」が伝わってきます。構成が全体的によくできています。
■むぎわらしんたろう先生
面白く読めました! ただ、クライマックスの盛り上がりに欠けるのが残念。ムカデがあっさりやられてしまい、ドロボーならではの技やアイディアがほしかったです。

佳作

『あしたの天気はロボメシア』
こなみいっぺい (25歳・神奈川県)

この作品を読む

■樫本学ヴ先生
長編のおとぎ話を読んだようで、心がほっこりしました。ただ、今の児童漫画(コロコロ)を考えると、お話も絵もアクションも、少しおとなしく地味に感じます。
■沢田ユキオ先生
地味な作品ですが、とても内容の濃い心に残るいい作品。メカなのに、お天気ロボの表情が秀逸。画面は整理が必要です。見やすさも感動に繋がる一要因だと思います。
■のむらしんぼ先生
お天気ロボという奇抜な発想と世界観はなかなかです。ただ、なぜ天気をコントロールできるのか、現実離れした大ウソでも、漫画としてのリアル感がほしかったです。
■むぎわらしんたろう先生
お天気ロボの発想は面白いです。少年とロボの活躍はもっとほしいですね。回想でスノボを語るシーンの動きを、クライマックスにするくらいの演出がほしいです。