第60回新人コミック大賞 発表

少年部門


入選

『デスゾンビ』中西寛(28歳・東京都)

■青山剛昌先生
センスも絵も良い! 見せ方も歯切れがよくてGOODなのだが、話が… せっかくいい武器(絵)を持っているので、もっと先が読めない話作りを!
■あだち充先生
ドラマあってのバトルシーンです。キャラクターや人間(?)関係をもっと掘り下げて…
■高橋留美子先生
絵は上手いです。が、準主役のデザインは、もっと工夫して欲しい。主役のキャラも素直すぎて、話が平坦に流れている感じです。もうひとひねり。
■満田拓也先生
絵はとても良いと思います。キャラにもう少し押し出し感があれば、もっと良かったです。

入選

『CHERRY CASSIDY』ねこぐち(22歳・兵庫県)

■青山剛昌先生
まずまず! 見せ方も迫力があってGOOD! 帽子についてた弾丸にもう少し意味があったらさらに良かった。
■あだち充先生
ていねいに描けば、味のある絵になりそうですが… ひとコマひとコマを大切に。
■高橋留美子先生
画面構成の力強さと、女の子と健康さが良いと思います。次は、もっと身近な舞台の作品も描いてみて欲しいです。
■満田拓也先生
読みやすく、アイディアもシンプルで面白かったと思います。キャラクターがなかなかHな体で魅力的でした(笑)

佳作

『鳥人間クウル』福田一太(28歳・千葉県)

■青山剛昌先生
話のテンポもいいし、キャラの性格づけも悪くない。ただ、絵が雑すぎて見づらい。場面作りのセンスはいいので、絵をしっかり描けば光ると思う。
■あだち充先生
まずは鳥の観察から…
■高橋留美子先生
荒削りですが、話は勢いがあったと思います。
■満田拓也先生
よくまとまっていて表現力もあり、面白かったと思います。バトル能力的な要素とオチがあれば、もっとスカッとしたかも。

佳作

『その者 マフィアにつき』花丸圭佑(29歳・東京都)

■青山剛昌先生
う――む、絵は上手くて、見せ方もそこそこいいんだけど、敵がちゃっちすぎる。もっとハラハラするようなストーリーを創って欲しい。
■あだち充先生
暴力を無神経に描きすぎてるように思う。
■高橋留美子先生
ヒロインはしっかり描けている。キャラを立てる事を意識している姿勢は良いと思います。ただ、悪役がこれで改心するのか、不安が残ります。
■満田拓也先生
S系の女王様キャラがかなり立ってて良かったと思います。マフィアの設定にもう少し現実味が欲しいところ。

佳作

『ヨシ☆ジュン』井上雅史(23歳・埼玉県)

■青山剛昌先生
いやー 面白かった(笑)!! セリフ無しでここまで見せるとは!! ぜひ他の作品も読んでみたい。
■あだち充先生
オチの絵がネコに見えない!
■高橋留美子先生
サイレントできちんと笑わせる構成力は良いと思います。が、人物(秀才)が中年男に見えてしまい、少し混乱しました。さらに画力を磨いてください。
■満田拓也先生
大変読みやすく、オチも良かったと思います。バカバカしくて笑えましたが、ネタ的にH本は昭和っぽい。

佳作

『ゲオルグ博士のマリオネット』長澤瑛(19歳・兵庫県)

■青山剛昌先生
設定がイマイチ曖昧だが見せ方がうまいので、最後まで面白く読めた。絵も上手いので次回作に期待!
■あだち充先生
時代や舞台はともかく、人物・背景までごまかさないでください。
■高橋留美子先生
人物の描き分け、特にアップになった時がわかりづらく損をしています。人間関係の見せ方も淡白で、途中から出るボスキャラも際立っていない。
■満田拓也先生
ネタ的にも連載できそうな設定で面白かったと思います。キャラクターにもう少し少年誌っぽいバリエーションと力強さが欲しい。