82回募集中!2018年315日(木)しめきり

最新の受賞者

これまでの受賞者

第80回発表

  • 賞の順
  • 部門順

入選

賞状・記念盾・副賞50万円・ファクシミリまたはデジタルカメラ・ペンタブレット・CLIP STUDIO PAINT PRO・受賞作収録本

児童部門

この作品を読む

「イル駆ル!サンゴ」高出なおたか(25歳・東京都)

審査員評を見る

■樫本学ヴ先生
元気な絵柄、主人公のキャラクター、明るい画面…扉の絵を見た瞬間から、「読んでみたい!」と思わせる雰囲気を持っているのは、素晴らしいです。

■沢田ユキオ先生
何よりも、イキイキと動き回る主人公がいいですね! 「勢い」も「力」もある。キュールも可愛いし、しっかり役目を果たしていると思います。心地いい作品でした。

■のむらしんぼ先生
導入部のテンポがいい。キャラも立っている。ペンに力強さがあり、見やすく状況もわかりやすい。何よりキャラとしての主人公が、前向きで元気がありとてもいい!

■むぎわらしんたろう先生
イルカ、サメ等の表情がいい。ただイルカに乗るだけでなく、サメとイルカの能力の違いを詳しく調べると、勝負の描き方や新しいアイデアが生まれたかもしれません。

少年部門

この作品を読む

「REASON」茂木ヨモギ(20歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
スゲー良かった! セリフもジーンとくるものがあったしコマ割りも読みやすくてバッチリ! でも、ストーリーを止める扉絵はダメです(笑)普通に扉絵を1P目にした方が良かったと思う!

■田中モトユキ先生
人生の一部分を切り取って描こうとしている姿勢に好感が持てる。そういう新人の方は意外と少ない。後半にいくほど絵の表現が上がっていってるのが印象的でした。

■畑健二郎先生
しっかりとドラマを描こうとする姿勢にはとても好感が持てました。作品としては地味ですが、絵も含めてとても優秀だと思います。ただ、問題点としてはやはり意外性のなさは厳しいかなと。

■藤田和日郎先生
いいハナシだった。お年寄りを描くのを恐れない人は、色々な話を描ける人です。いいよ。もったいないのは、主人公とおじいさんとどっちの変化を強く印象づけたいのかが、少しあやふやだったところ。

この作品を読む

「キラ☆ばん!!」藤原 翼(23歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
結構オモロかった! テンポも良く、アクションシーンも迫力があった。けど、アクションに入る前と後の絵を小さいコマでいいからチョコっと入れると、もっとわかりやすかったかも。ラストの告白シーンはバツグン!

■田中モトユキ先生
ラスト手前の見開き、凄くイイ表情です。この顔だけでこの作品、勝ったといえます。話運びもスピード感があり飽きさせません。その分、細かい所は気になりますが。

■畑健二郎先生
個人的には「スケ番!?」の台詞に笑ってしまいました。女の子がとても可愛く、活き活きと描けていて好感が持てました。ただ、絵も話もとにかく盛り込み過ぎでかなりお腹いっぱい… 引き算も必要ではないでしょうか?

■藤田和日郎先生
元気のいい漫画だった! 読み応えもあった。でも、印象に残らないのが、凄く残念。読者に爪跡を残すには、キャラに君の言葉を喋らせなければいけない。君が君のキャラの着ぐるみを着たつもりで喋らせてやって!

この作品を読む

「知らない海の底」紺野アキラ(20歳・福岡県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
面白かった! ホノボノしていて、とても良かった! でも、悪い方の魚が彼女の口から出てくる所が、わかりづらかったのでもう一工夫を! 欲を言えば魚に入られた彼女をもう少し怖くして迫力だせたらよかったかも。

■田中モトユキ先生
さっぱりめな絵柄ですが、不気味さも表現できてていいですね。しかし、魚が体内に入るというグロテスクな設定なので、表現をもう一歩踏み込んでほしかった。

■畑健二郎先生
絵は地味でしたが、レベルが高い。特に台詞や感情の流れに無理がなく、自然に読める漫画でした。この『自然に読める』というのが実は難しいので感心してしまいました。次の課題は『画力』と『読者を惹きつける何か』。

■藤田和日郎先生
面白いコトを考えるね、絵も上手。でも、もったいないのは面白いシーンなのにそれを凄いでしょ!と読者に見せる気合いがちょっと足りないところ。面白いから自信を持って、気迫でメリハリつけた漫画を描いてね!

この作品を読む

「ヒミツガール・トップシークレット」牧彰久(26歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
超ーースゲーー面白かった! コマ割りもテンポも抜群で女の子もかわいくてグイグイ話に引き込まれて、あっという間に読み終えました! 読後感も良くて、早くこの作家の別の話が読んでみたいッス!

■田中モトユキ先生
ネタに対してのページ数が、長すぎに感じます。読者が正体を知りたくなることを、ヒロインが何もしてくれてないからです。彼女のキャラが立てば、一段魅力的なお話になるはず! 絵はかわいいですし、惜しい。

■畑健二郎先生
女の子は可愛く、絵も読みやすく、主人公のキャラの立て方も好感が持てます。ただ、話はちょっと意外性に欠ける。アイディア不足な印象はぬぐい切れません。今後は自分だけのアイディアを持って勝負してほしい。

■藤田和日郎先生
読切は一つの設問に向かって転がっていく、その作り方を知ってる君は、とてもいいと思います。ただ、主人公とヒロイン、2人ともキャラの善性が弱く奥が感じられないのが残念。もっと君なら描けるはず、頑張れ!

青年部門

この作品を読む

「君を知ること」山中拓郎(22歳・静岡県)特別育成金

審査員評を見る

■花沢健吾先生
ありがちなストーリーだと思ったら、宇宙人が彼女を寝取ったり、そう来たかと唸るところがあって最後まで楽しめた。最後のオチは悪くないけど、もうひと捻りあると良かった。

■太田垣康男先生
軽妙なストーリーに対して絵柄が硬く、表情と演技に幅がないのが難点。

■浅野いにお先生
設定はありきたりでしたが、物語は破綻なくしっかりしていました。それが故に絵やコマ運びにメリハリがなく単調な印象を与えてしまっています。見せゴマはもっと大きく、場面転換はページのめくりに配置する等、テンポを意識した工夫が欲しかったです。それと設定自体ありえない漫画的なワンダーであって、現状描かれているのはあらすじを追うだけのト書きのような状態なので、背景や小物でしっかりと人間の生活感・リアリティーを出す演出が加われば、もっと作品の説得力が増すと思います。

■石塚真一先生
話の展開の良さで読ませる作者だと思いました。テンポに変化をつけるために、大きな絵(シーン)をもう少し取り入れても良いかと思います。

■業田良家先生
ストーリーにちゃんとアイディアがあり、青春の悩みや心情も描かれているので面白い。ただ登場人物の表情に魅力がない。色気がないというか、もっと活き活きとした人物表現を目指してほしい。

この作品を読む

「叔父の恋びと」つじ(31歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
女性向けの作品に多いのですが、誰のセリフか分からないフキダシが多く混乱する。結婚サギの青年の感情がよく分からなかった。雰囲気重視であとは察してくださいという感じがした。

■太田垣康男先生
人物の豊かな表情と優しい語り口は完成された安定感がある。新人離れした技術とセンスには舌を巻いた。謎を残す終わり方も予定調和を予想していた私を軽く裏切ってくれてシテやられた気分。

■浅野いにお先生
面白かったです。ただ絵柄で読者層はある程度限定されそうです。主人公が色々と物分かりが良すぎる気はしましたが、ストーリーは地に足がついたもので丁寧に考えられており完成されてます。おそらくこの作品の肝であろう情緒や悲哀はきちんと伝わりました。今後はこのテイストから頭一つ抜けた個性を獲得し、更に作風に合った媒体が見つかれば作家として活躍できるのではないでしょうか。

■石塚真一先生
デザイン性の高い絵、アングルやコマの配置も作者独特のモノを感じます。キャラクター達の言動にリアリティーがあるので、さらにシビアな人間関係も描ける作者だと思います。

■業田良家先生
ストーリーも分かりにくいし、登場人物の感情も私には伝わらなかった。もっと読者のことを考えてほしい。

この作品を読む

「8畳とプラズマ」大石日々(23歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
好感度の高い絵柄と魅力的なストーリーでしたが、物語をもう少し整理して読者に伝えたいことの優先度を明確にするべきです。例えばラストは見開きでオーロラを見てる二人とかにするなど起伏が欲しい。タイトルも微妙で、8畳とは主人公の部屋と推測するが明確にわかる絵が無いのでそこでも無駄に引っかかってしまう。

■太田垣康男先生
起承転結の「承」に殆どのページを費やし、それ以外のパートが疎かになっている。説明で終始しては物語ではないので、構成の段階で気付いて対処出来るようにしよう。

■浅野いにお先生
物語がほとんど部屋の中での会話だけで進行するにも関わらず、最後まで飽きさせない軽妙なセリフ運びはお見事でした。キャラの人格や脇役たちの描写はテンプレ感が強いので新鮮味はありません。人工知能をモチーフとした作品は今となっては珍しくなく、何歩も先を行っている作品が多数あるので、大人に読ませるのならAIが自意識を持った際にどのような社会的影響があるのか等、もっと掘り下げた独自の視点を加えて欲しかったです。

■石塚真一先生
設定に広がりを感じる作品でした。設定が広いだけに感情の置きどころに苦心の跡がうかがえました。登場人物の誰が、何を強く感じるかがキーかもしれません。

■業田良家先生
普通に面白い。23歳でこのレベルの絵とストーリーを描けるのはすごいことだとは思うのだが…。もうひとつ何か突き抜ける個性がほしい。

この作品を読む

「TENCHO」川口倖平(22歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
かなりの画力でバカをやるのは好感が持てるが、もう少しコンビニならではのネタが入ってくると良かった。出オチで終わっている。もっと突き抜けて欲しい。

■太田垣康男先生
コメディー漫画ほどリズム感が大切。コマ割りもキャラの表情も緩急をもっと意識しないとテンポが悪くなり単調な印象を与えます。店長のキャラ付けもまだまだアイディア不足。

■浅野いにお先生
非常に評価の難しい作品です。作者ご本人は意識されてないのかもしれませんが「坂本ですが?」にそっくりでした。僕が「坂本ですが?」を知らなかったら余裕の満点でした。漫画作りにおいてこのような偶然の一致は度々起こることなのですが、こればかりは早いもん勝ちです。全体的なスキルは超達者なので別の作品を読んでみたいです。個人的には1P目表紙のドラァグ漫画感に一番笑いました。

■石塚真一先生
思い切った主人公がいい。私生活まで見たくなりました。小気味良いテンポ、絵も読みやすい。続きが読みたい。

■業田良家先生
愉快で面白い作品だった。絵が巧く、的確な表現で細かな表情も描き分ける画力があるから、あり得ない場面でもリアリティーが宿る。ギャグでもシリアスでも描ける人だろう。才能を感じた。

この作品を読む

「僕はトイレが怖いんです。」浦部はいむ(22歳・大阪府)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
絵は非常に魅力的だが少々雑さが目立ち、伝わりづらくなってます。オチもよくあるパターンで引っかかりが弱かった。

■太田垣康男先生
とても怖かったです。妙に温かみのある絵柄とのギャップで、ホラーの怖さが倍増してます。とても背筋が寒くなりました!

■浅野いにお先生
絵柄は好みなのですが、話が理解できませんでした。作者の意図を汲み取って理解することも出来なくはないんですが、いかんせん非現実な話なので、如何様にでも想像できてしまう。つまり説明不足。絵柄もぶっきらぼうなので作者のこのテイストに寄り添おうとするこちらの気持ちが失せてしまいました、この漫画で伝えたいことは何なのか、野暮かもしれませんが、ひと言セリフで説明して欲しかったです。

■石塚真一先生
思い切りの良い線とスタイル。にも関わらず読みやすい。怖い話にマッチングした絵のせいか、キャラクターの感情も分かりやすかった。

■業田良家先生
描線に勢いと自由さがあり、期待したい。作者の内面にも暗く隠されたものを感じるので期待したい。

佳作

賞状・記念盾・副賞30万円・ファクシミリまたはデジタルカメラまたはペンタブレット・受賞作収録本

児童部門

この作品を読む

「チェンジ・ライフ!」中村夏寿紀(24歳・神奈川県)

審査員評を見る

■樫本学ヴ先生
可もなく不可もなくといった印象です。こういった話だと、どうしても主人公が2人になって、どちらに感情移入していいかはっきりせず、作品に入りづらいです。

■沢田ユキオ先生
最終選考に残るのは、3作目ですね。力のある証拠ですし、努力もあるのだと思います。衝突で2人の人生が入れ替わるという話は、今までで一番楽しく読めました。

■のむらしんぼ先生
幸と不幸を背負うそれぞれの人物キャラの対比が、上手に描かれています。この後どうなっていくんだろう? というハラハラドキドキ感があり、とても面白かったです。

■むぎわらしんたろう先生
大吉と凶太郎のやりとりが面白く、スラスラと読めます。2人を比較する場面がうまく作られています。舞台が町の中の数時間で、これだけ話を展開させたのは見事!

少年部門

この作品を読む

「ドーテー先輩私を描いて」トビー(27歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
うーん、全く話に乗れなかった… ヒロインに魅力を感じないし、主人公にも共感できず。野球部の先輩の練習が終わるのを待ってたんなら、もう少し伏線を張ってほしかった。でも、告白シーンはちょっと良かったです。

■田中モトユキ先生
ナマイキな女子に弄ばれるの、嫌いじゃありません(笑)“想像の限界”の絵に、思わずふき出してしまった。まっすぐな若さが清々しい。ボロボロになりながらの告白、よかったです!

■畑健二郎先生
ヒロインは可愛く、表情も含めてよく描けていました。ストレートな恋愛をまっすぐ描けることは才能だと思うので、この線で次々描いていくといいんじゃないかなと思います。画力は全体的にまだまだ未熟で要努力。

■藤田和日郎先生
女の子かわいいなあ。テーマもストーリーにちゃんと乗せられています。君の次の課題は少年誌の読者に照れずに漫画を伝えること。恥ずかしいシーンも含めて「逃げずに」描かないとダメなんじゃないかい?

この作品を読む

「シンすなわち」石橋岳大(28歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
絵は独特でスッゲー上手だったけど… 話がとてつもなくわかりにくかった。何がどうなってるか理解するために、何度前のページをめくり直したことか。その時点でアウトです(笑)

■田中モトユキ先生
上手い。非常に上手い。高いレベルでバランスのとれている作品。絵の可愛らしさと安定感は特筆すべきかと。しいて難を言えば、キャラとエフェクトがデザイン的でごっちゃになり、状況を掴みづらい所もある。

■畑健二郎先生
画力という点では今回、圧倒的だったと思います。見開きから小物に至るまで、これだけ完成された絵柄を持っているというのは本当に素晴らしいことだと思います。ただ半面、ストーリーはちょっと弱いかなと思います。

■藤田和日郎先生
個性的な絵がとにかく凄いね。これは味方で武器だ。この武器を使って「誰に物語るか」を決めることが必要。少年誌では子どもたちもわかるように、丁寧に説明しないとついてきてくれないよ。親切な気持ちで描こう。

この作品を読む

「アクノミカタ」高木祐太(21歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
うむむ…格好良い画面はあるんだけど、話がわかりづらすぎて、のれませんでした… 本人の中では設定が出来上がっているのかもしれないけど、読者に伝える工夫がもっと必要! フキダシのトゲもちゃんとつけよう!

■田中モトユキ先生
今描きたいものを詰め込んだ! そんな熱量を感じます。絵を描くのが楽しくてしょうがないという感じですね。なので、言うことありません。この調子でどんどん描きましょう!

■畑健二郎先生
女の子の絵がとても可愛く、特に表情の作り方のこだわりは、群を抜いていたと思います。特定の作品の影響はとても強く感じますが、これだけ描けるのは非常に大きな強みだと思います。少年漫画らしい話作りも好感触。

■藤田和日郎先生
物語は全然知らない他人に向けて描くもの。特に少年誌は小さい子にもわかるように丁寧に説明しないと。キャラもどんな人かを読者に伝えないとページをめくってくれない。丁寧に丁寧に、君のファンタジーを伝えて。

この作品を読む

「怪物も悩むんです」仲里由多加(21歳・埼玉県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
獅子舞のオチと三つ編みでヘビが苦しがっているとこはクスッとできたけど、あとはウーン… なんでこの学校には怪物しかいないの?とか、ちょっと説明が欲しかったかも。

■田中モトユキ先生
非常に面白かった! 笑った! 3人組がひたすらバカで楽しくてかわいい! ほのぼの系でなく、しっかり強度のあるギャグ作品なところがポイント高い。この3人もっと読んでいたいです。

■畑健二郎先生
「今回の賞の中で好きなものを一本選べ」と言われたら個人的にはこれをあげます。絵はアレですが、表情の作り方はとてもよく、オチまで含めてギャグも面白かったです。次を期待しています。絵は頑張ろう。

■藤田和日郎先生
アイディアは面白いし女の子達も可愛い。ただ、キャラが立つというのは、どんな状況でも読者が簡単にそのキャラの行動や発言が想像できるってこと。その点、君のキャラは想像が微妙につかない。キャラを考え抜いて!

この作品を読む

「不死身気味の田中」太川善之(20歳・福岡県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
うーん、何をどう面白がっていいのか、サッパリわからなかった…(笑)

■田中モトユキ先生
ギャグやコメディ作品って実は“共感”が必要だと思うのです。読者が“誰か”の視点に立って読み進めていく。この作品の場合は、二人とも共感できない。いじめられて嬉しがってる人間(?)、いじめたい人間ですからね。

■畑健二郎先生
絵は綺麗で話も読みやすかったです。ただ、笑いの型が一つしかないので、どうしても読んでて飽きてしまう。もっと短くまとめた方がよかったかなと。奇抜なキャラはいいのですが、好感度は低いと思います。

■藤田和日郎先生
ハードボイルド! 登場人物の気持ちをフキダシに書かずに分からせるのが上手い。でも、ちょっと現実から浮いてるトコがある。もっと没入させるために、現実っぽい中でやってるんだよって読者を安心させてあげて。

この作品を読む

「神デレラ」西村マリコ(18歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
つまらなくはなかったけど… ギャグにイマイチのれなかった。でも、ラストで不良達に囲まれた時の主人公のモノローグはとても良かった。ギャグじゃない漫画も読んでみたいかも。

■田中モトユキ先生
この作品、神がかってる! 神に絡まれたら、きっとこうなると思える説得力! セリフのキレッキレさ、展開間も一切ムダがない。一般的に上手いと言われる絵柄ではないが、表現力はバッチリ!!

■畑健二郎先生
独特な雰囲気や画面作り、当たり前の形に収めようとしない姿勢には好感が持てます。しかし、全体的に未熟な印象。特にキャラに関して、好感度は低いイメージ。まずは絵から好感度の高いキャラを目指していきましょう。

■藤田和日郎先生
なんかゆかいな漫画だったよ。気持ちが良くなる漫画はステキだね。課題は二つ。キャラの魅力を考えること。ギャップで考えてね。あと変化を描くならば、変化前もしっかり描くこと。頑張ってね!

この作品を読む

「矛谷君と梃山君」島田依夜(26歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
まあまあ面白かった! 矛谷君のキャラは良かったけど梃山くんのキャラがイマイチで、凸凹コンビが成り立たないような… でも、言いたい事は伝わってきたので良かったと思います。

■田中モトユキ先生
モノローグをもっと整理してほしい。使うなというわけではなく、効果的に使ってほしい。考えてることがダダ漏れの人間とは付き合いづらいですよね? 漫画のキャラも一緒です。後半はバランスがよく、読みやすいです。

■畑健二郎先生
絵はとても可愛いくて好感が持てます。読みやすく、話も綺麗にまとまってます。ただ全体的に印象が薄かったです。キャラに感情移入がしにくかったことが原因かなと思います。絵は確かなので今後の努力に期待です。

■藤田和日郎先生
属性違いの男の子同士の友情が元気よく描けてます。ただ、キャラが2人とも弱い。次の課題は魅力を持たせること。そのために、いいトコ悪いトコを持たせてくださいね。頑張れ!

少女・女性部門

この作品を読む

「婚活サイトのススメ」大塩七華(31歳・埼玉県)

審査員評を見る

■花緒莉先生
ペンタッチもキレイで絵柄が魅力的。画面も読みやすく、最後まで楽しく読めました! 婚活サイトのお話なので欲を言えば、運命の人に出会ったターンを読みたかったです。主人公の本気の恋が見てみたいと思いました。

■杉山美和子先生
あるあるネタに頷きながら楽しく最後まで読ませていただきました。男らしいヒロインとお守役のヒーロー共に好印象でした。婚活相手が、もっとゲス&クズい感じだと読後感がスッキリ気持ちよくなったかなと思いました。

■能登山けいこ先生
婚活サイトがどういうものか、読者にわかりやすく丁寧に説明されていて、話に入り込みやすかったです。ただ、主人公が騙される展開の上、恋愛要素も少なめだったので、次はカタルシスの部分も多めに作ってほしいです。

■水城せとな先生
HOW TOものとしてはわかりやすく楽しめました。この作品だけでは、個性や作家性(読みたい、欲しいと思うか)については判断できませんが、“マンガでみる○○”みたいなお仕事をするのが希望ならば、重宝されると思います。

この作品を読む

「甘く苦く満たして」逆巻詩音(13歳・東京都)

審査員評を見る

■花緒莉先生
13歳でこの画力はすごいと思いました。モノローグも一貫性があり、魅力的でしたが、伴うエピソードとシーンがちぐはぐに感じるところがありました。注目してほしいポイントを掘り下げると、より魅力的になると思います。

■杉山美和子先生
キャラクターたちのやり取りが全て瑞々しく、心をえぐられました。キャラクターを理解し、よく描けています。人物の描き分けが甘いので、他キャラとの区別がつくように意識して。これからの成長がとても楽しみです!

■能登山けいこ先生
主人公の心情がダイレクトに伝わってきて、とても面白かったです。「いいかげんな男」との関係を受け流せない主人公の気持ちがよくわかりました。もう少し「いいかげんな男」の描写があると、よりよくなると思います。

■水城せとな先生
「好き」「好き」と字で表面的に書いてあるだけで、漫画としてはキャラの感情が伝わってきませんでした。メインキャラ3人の見分けがつきにくいので髪形や髪の色、顔や体格の特徴など描き方を工夫するといいと思います。

この作品を読む

「おまじない☆Honey」大和わこ(32歳・宮崎県)

審査員評を見る

■花緒莉先生
キラキラした絵柄でトーン使いも効果的。華やかさが目を引きます。ただ、主人公の気持ちの変化が描かれていないのがもったいないです。心の変化にスポットを当てると、もっとステキなお話になったのではと思います。

■杉山美和子先生
華やかな絵、画面の処理や作り方など非常に達者で丁寧です。内容もわかりやすく、ストーリーの構成も一切のムダが見られませんが、どこかで見たことがある印象が残りました。オリジナリティのある作品作りを目指して。

■能登山けいこ先生
元気で勢いのある作品全体の雰囲気が、「読みたい」と思わせてくれました! 絵も華やかでとてもよかったです。やや教科書通りの展開なのが残念です。もっと個性を出せると、もっと面白いまんがが作れると思います。

■水城せとな先生
小物を上手く使って、ストーリーをきれいにまとめてあると思います。内容にメリハリがないので、小さなエピソードのパートと大きな見せ場を上手く割りふればもっと盛りあがると思います。絵は華があって見やすいです。

この作品を読む

「初恋コーヒーミルク」羽山ゆあ(19歳・大阪府)

審査員評を見る

■花緒莉先生
絵柄・デフォルメ、どちらもかわいくて魅力的でした! 見せ場もしっかりあって、とてもステキです。コマが重なるところが、読みにくく感じます。バランスを考えて入れ込むと、効果的になったのではないかと思いました。

■杉山美和子先生
頑張るヒロインや、モノローグが前向きでいじらしく、キュンキュンしました。しかし、パワフルなヒロインにテンションが引っ張られ、話のテンポがバタバタと忙しい印象です。緩急を意識して描けるように気を配って。

■能登山けいこ先生
絵がかわいくて、大ゴマの使い方や画面処理がとても上手! 主人公の気持ちにも共感しやすかったです。ただ、男の子が主人公のどこを好きだったのか分からなかったので、そこが表現できれば、さらによくなると思います。

■水城せとな先生
かわいらしいお話でした。年上の彼も、絵面的にかわいらしく描かれてしまっているので、もっと年上のステキさが描けるとよかったと思います。エピソードは、ゴチャゴチャしすぎで印象に残りづらかったです。

青年部門

この作品を読む

「ドリーマー」森(22歳・大阪府)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
読後感が爽やかで良い。思い通りになる夢を見る薬の設定も良いが、もうひと捻り欲しい。

■太田垣康男先生
SF 的な要素を押すなら、薬で得た幸福と、その代償を描いて欲しかったし、恋愛ドラマの要素を押すなら、彼女のために主人公が何かしらの行動をする所を見たかった。現状では何もしない主人公のひとり相撲でしかない。

■浅野いにお先生
まず人物の顔の描き分けができていません。絵柄は特徴があるので活かしつつ、しっかり差別化しましょう。ストーリーは素直な作りでキャラの性格も真っ直ぐなので好印象です。しかし「現実で行動しよう」という主題ははっきりしているのですが、それはヒロインが勝手に導き出した答えであって、主人公はそれに何も関わっていないただの傍観者では物語としてカタルシスがありません。雰囲気はある方なので、ストーリー作りの基本を学んで読者が満足する読後感を得られるよう努力してください。

■石塚真一先生
明るい話に元気をもらいました。まっすぐなキャラクター達、悩み方も若々しくストレート。もう少しひねくれたキャラクターも見てみたい。

■業田良家先生
作中の「明晰夢」というアイディアはどんなことでも描けそうな気がするのだが、いざ漫画にしようとすると、夢を表現することの難しさに気がつき挫折することが多い。それでも本作は片思いの切なさを上手に描けているのではないだろうか。ページ数をもっと減らして描く努力を!

この作品を読む

「面影と手土産は実家に置いて」小川小春(25歳・兵庫県)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
絵も物語も誠実で好感が持てた。過去の色々な年齢の娘たちが出てくるコマは感動的だが、キメゴマでもあるので何度も出さない方が良いと思う。平面的な絵が多いので次は立体的な絵作りを意識して描いて欲しい。

■太田垣康男先生
私は息子しかいませんが、もし娘を持ってたらこの作品を読んでお父さんに感情移入し号泣してたと思います(苦笑)。幼い頃から少しずつ成長していく娘の描き方に作者の愛情の深さを感じ、そこにもホロリとしました。

■浅野いにお先生
物語に派手さはありませんが作者の優しい視線が印象的な作品でした。作者の方はまだお若いのに随分渋い漫画を描きますね。父親以外のキャラは善意の部分しか描かれていないので、もう少し悪どい部分を追加して人間味を出しても良かったかもです。絵に関しては素朴な味わいはありますがまだまだ稚拙です。人物の顔も現状は記号のモンタージュのようになっているので、まずデッサンを勉強し、自然な表情やしぐさを表現できればもっと真に迫った感情を読者に伝えることができるようになるはずです。話作りのセンスはおいそれと上達はできませんが、絵は向上心さえあればすぐに上達するので頑張って欲しいです。

■石塚真一先生
人生に起こる出来事をていねいに描く。いいですね。作者の気持ちがきちんと込められた作品だと思います。複雑な人の心の現実をさらに追求していって欲しい。

■業田良家先生
娘の結婚と父親の心情は、泣ける話の定番なのだろう。この作品でもぐっと心に来るものがあり泣きそうになった。作者の力量を測るテーマとしても向いているかもしれない。

この作品を読む

「しののめののしめ」明太子(24歳・栃木県)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
ひとつひとつのコマを丁寧に描いていて好感はもてるが、ひとり語りが多く、決めゴマが明確でないので、物語のどこに重点を置いているのか分からず、最後までボンヤリ読んでしまった。何を読者に伝えたかったのかも曖昧だった。

■太田垣康男先生
一生懸命に描き込んだ絵に反して、後ろ向きな物語がとても残念。停滞している主人公の言い訳と、都合の良い夢に共感する読者が果たして何人いるだろうか?

■浅野いにお先生
独白が多すぎ、描き込み多すぎ、構図が不自然で読みづらい。第一に主人公がクズのくせに常に格好つけ顔なのが気に入らない。不満を挙げたらきりがないのに最後の1ページでウルっとしてしまいました。夢オチはご法度のはずなのに前半のダラダラ展開も相まって不意打ちでした。これを狙って構成したのならば、かなりのセンスです。次作を期待します。

■石塚真一先生
キャラクターの全身が入る場面を何度も何度もていねいに描いています。とても好感が持てました。キャラクター達の「心の関係性」をもう少し自由に考えても良いかもしれません。

■業田良家先生
人物そして風景に対する細かい描き込みに個性を感じる。最後は夢オチではなく、ちゃんとしたアイディアをひねり出してほしい。アイディアが出せなくて逃げてる感じがする。

この作品を読む

「7次元の宿題」若里実(34歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
どういう気持ちで描いて、何を読者に伝えたいのかさっぱり分からない作品でした。ギャグなのだろうか。理解できないものを描くのならもっと突き抜けて欲しい。中途半端な気がする。

■太田垣康男先生
好みの別れる作品だと思いますが、私は全体的に「薄い」と感じました。絵もストーリーも味になる程の軽さが出ていないので、もう少し工夫が必要でしょう。

■浅野いにお先生
WEB やSNS に投稿するならまだしも、このクオリティーで商業一般誌掲載はありえません。腐女子向けに描かれてるのかもしれませんが、腐女子文化に関心がない読者にとっても面白いと思える要素が欲しかったです。

■石塚真一先生
飛んだ設定の作品。飛んだままラストを迎える力技におどろきました。もう少しタメのある笑いも見てみたい。

■業田良家先生
ギャグセンスはある。この内容を半分以下のページ数で描いてほしい。このレベルを量産できるかどうかが大切。

奨励賞

少年部門

「星を目指して」初丸うげべそ(20歳・埼玉県)

少女・女性部門

「麻田くんとひなちゃんのおはなし。」春風ちょい(36歳・愛知県)

「ファンタジックピリオドワールド」奏音ひなこ(14歳・兵庫県)

「ボクはヒロイン」友泉(13歳・千葉県)

特別大賞※該当者なし

大賞※該当者なし

児童部門

入選

この作品を読む

「イル駆ル!サンゴ」高出なおたか(25歳・東京都)

審査員評を見る

■樫本学ヴ先生
元気な絵柄、主人公のキャラクター、明るい画面…扉の絵を見た瞬間から、「読んでみたい!」と思わせる雰囲気を持っているのは、素晴らしいです。

■沢田ユキオ先生
何よりも、イキイキと動き回る主人公がいいですね! 「勢い」も「力」もある。キュールも可愛いし、しっかり役目を果たしていると思います。心地いい作品でした。

■のむらしんぼ先生
導入部のテンポがいい。キャラも立っている。ペンに力強さがあり、見やすく状況もわかりやすい。何よりキャラとしての主人公が、前向きで元気がありとてもいい!

■むぎわらしんたろう先生
イルカ、サメ等の表情がいい。ただイルカに乗るだけでなく、サメとイルカの能力の違いを詳しく調べると、勝負の描き方や新しいアイデアが生まれたかもしれません。

佳作

この作品を読む

「チェンジ・ライフ!」中村夏寿紀(24歳・神奈川県)

審査員評を見る

■樫本学ヴ先生
可もなく不可もなくといった印象です。こういった話だと、どうしても主人公が2人になって、どちらに感情移入していいかはっきりせず、作品に入りづらいです。

■沢田ユキオ先生
最終選考に残るのは、3作目ですね。力のある証拠ですし、努力もあるのだと思います。衝突で2人の人生が入れ替わるという話は、今までで一番楽しく読めました。

■のむらしんぼ先生
幸と不幸を背負うそれぞれの人物キャラの対比が、上手に描かれています。この後どうなっていくんだろう? というハラハラドキドキ感があり、とても面白かったです。

■むぎわらしんたろう先生
大吉と凶太郎のやりとりが面白く、スラスラと読めます。2人を比較する場面がうまく作られています。舞台が町の中の数時間で、これだけ話を展開させたのは見事!

少年部門

入選

この作品を読む

「REASON」茂木ヨモギ(20歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
スゲー良かった! セリフもジーンとくるものがあったしコマ割りも読みやすくてバッチリ! でも、ストーリーを止める扉絵はダメです(笑)普通に扉絵を1P目にした方が良かったと思う!

■田中モトユキ先生
人生の一部分を切り取って描こうとしている姿勢に好感が持てる。そういう新人の方は意外と少ない。後半にいくほど絵の表現が上がっていってるのが印象的でした。

■畑健二郎先生
しっかりとドラマを描こうとする姿勢にはとても好感が持てました。作品としては地味ですが、絵も含めてとても優秀だと思います。ただ、問題点としてはやはり意外性のなさは厳しいかなと。

■藤田和日郎先生
いいハナシだった。お年寄りを描くのを恐れない人は、色々な話を描ける人です。いいよ。もったいないのは、主人公とおじいさんとどっちの変化を強く印象づけたいのかが、少しあやふやだったところ。

この作品を読む

「キラ☆ばん!!」藤原 翼(23歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
結構オモロかった! テンポも良く、アクションシーンも迫力があった。けど、アクションに入る前と後の絵を小さいコマでいいからチョコっと入れると、もっとわかりやすかったかも。ラストの告白シーンはバツグン!

■田中モトユキ先生
ラスト手前の見開き、凄くイイ表情です。この顔だけでこの作品、勝ったといえます。話運びもスピード感があり飽きさせません。その分、細かい所は気になりますが。

■畑健二郎先生
個人的には「スケ番!?」の台詞に笑ってしまいました。女の子がとても可愛く、活き活きと描けていて好感が持てました。ただ、絵も話もとにかく盛り込み過ぎでかなりお腹いっぱい… 引き算も必要ではないでしょうか?

■藤田和日郎先生
元気のいい漫画だった! 読み応えもあった。でも、印象に残らないのが、凄く残念。読者に爪跡を残すには、キャラに君の言葉を喋らせなければいけない。君が君のキャラの着ぐるみを着たつもりで喋らせてやって!

この作品を読む

「知らない海の底」紺野アキラ(20歳・福岡県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
面白かった! ホノボノしていて、とても良かった! でも、悪い方の魚が彼女の口から出てくる所が、わかりづらかったのでもう一工夫を! 欲を言えば魚に入られた彼女をもう少し怖くして迫力だせたらよかったかも。

■田中モトユキ先生
さっぱりめな絵柄ですが、不気味さも表現できてていいですね。しかし、魚が体内に入るというグロテスクな設定なので、表現をもう一歩踏み込んでほしかった。

■畑健二郎先生
絵は地味でしたが、レベルが高い。特に台詞や感情の流れに無理がなく、自然に読める漫画でした。この『自然に読める』というのが実は難しいので感心してしまいました。次の課題は『画力』と『読者を惹きつける何か』。

■藤田和日郎先生
面白いコトを考えるね、絵も上手。でも、もったいないのは面白いシーンなのにそれを凄いでしょ!と読者に見せる気合いがちょっと足りないところ。面白いから自信を持って、気迫でメリハリつけた漫画を描いてね!

この作品を読む

「ヒミツガール・トップシークレット」牧彰久(26歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
超ーースゲーー面白かった! コマ割りもテンポも抜群で女の子もかわいくてグイグイ話に引き込まれて、あっという間に読み終えました! 読後感も良くて、早くこの作家の別の話が読んでみたいッス!

■田中モトユキ先生
ネタに対してのページ数が、長すぎに感じます。読者が正体を知りたくなることを、ヒロインが何もしてくれてないからです。彼女のキャラが立てば、一段魅力的なお話になるはず! 絵はかわいいですし、惜しい。

■畑健二郎先生
女の子は可愛く、絵も読みやすく、主人公のキャラの立て方も好感が持てます。ただ、話はちょっと意外性に欠ける。アイディア不足な印象はぬぐい切れません。今後は自分だけのアイディアを持って勝負してほしい。

■藤田和日郎先生
読切は一つの設問に向かって転がっていく、その作り方を知ってる君は、とてもいいと思います。ただ、主人公とヒロイン、2人ともキャラの善性が弱く奥が感じられないのが残念。もっと君なら描けるはず、頑張れ!

佳作

この作品を読む

「ドーテー先輩私を描いて」トビー(27歳・東京都)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
うーん、全く話に乗れなかった… ヒロインに魅力を感じないし、主人公にも共感できず。野球部の先輩の練習が終わるのを待ってたんなら、もう少し伏線を張ってほしかった。でも、告白シーンはちょっと良かったです。

■田中モトユキ先生
ナマイキな女子に弄ばれるの、嫌いじゃありません(笑)“想像の限界”の絵に、思わずふき出してしまった。まっすぐな若さが清々しい。ボロボロになりながらの告白、よかったです!

■畑健二郎先生
ヒロインは可愛く、表情も含めてよく描けていました。ストレートな恋愛をまっすぐ描けることは才能だと思うので、この線で次々描いていくといいんじゃないかなと思います。画力は全体的にまだまだ未熟で要努力。

■藤田和日郎先生
女の子かわいいなあ。テーマもストーリーにちゃんと乗せられています。君の次の課題は少年誌の読者に照れずに漫画を伝えること。恥ずかしいシーンも含めて「逃げずに」描かないとダメなんじゃないかい?

この作品を読む

「シンすなわち」石橋岳大(28歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
絵は独特でスッゲー上手だったけど… 話がとてつもなくわかりにくかった。何がどうなってるか理解するために、何度前のページをめくり直したことか。その時点でアウトです(笑)

■田中モトユキ先生
上手い。非常に上手い。高いレベルでバランスのとれている作品。絵の可愛らしさと安定感は特筆すべきかと。しいて難を言えば、キャラとエフェクトがデザイン的でごっちゃになり、状況を掴みづらい所もある。

■畑健二郎先生
画力という点では今回、圧倒的だったと思います。見開きから小物に至るまで、これだけ完成された絵柄を持っているというのは本当に素晴らしいことだと思います。ただ半面、ストーリーはちょっと弱いかなと思います。

■藤田和日郎先生
個性的な絵がとにかく凄いね。これは味方で武器だ。この武器を使って「誰に物語るか」を決めることが必要。少年誌では子どもたちもわかるように、丁寧に説明しないとついてきてくれないよ。親切な気持ちで描こう。

この作品を読む

「アクノミカタ」高木祐太(21歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
うむむ…格好良い画面はあるんだけど、話がわかりづらすぎて、のれませんでした… 本人の中では設定が出来上がっているのかもしれないけど、読者に伝える工夫がもっと必要! フキダシのトゲもちゃんとつけよう!

■田中モトユキ先生
今描きたいものを詰め込んだ! そんな熱量を感じます。絵を描くのが楽しくてしょうがないという感じですね。なので、言うことありません。この調子でどんどん描きましょう!

■畑健二郎先生
女の子の絵がとても可愛く、特に表情の作り方のこだわりは、群を抜いていたと思います。特定の作品の影響はとても強く感じますが、これだけ描けるのは非常に大きな強みだと思います。少年漫画らしい話作りも好感触。

■藤田和日郎先生
物語は全然知らない他人に向けて描くもの。特に少年誌は小さい子にもわかるように丁寧に説明しないと。キャラもどんな人かを読者に伝えないとページをめくってくれない。丁寧に丁寧に、君のファンタジーを伝えて。

この作品を読む

「怪物も悩むんです」仲里由多加(21歳・埼玉県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
獅子舞のオチと三つ編みでヘビが苦しがっているとこはクスッとできたけど、あとはウーン… なんでこの学校には怪物しかいないの?とか、ちょっと説明が欲しかったかも。

■田中モトユキ先生
非常に面白かった! 笑った! 3人組がひたすらバカで楽しくてかわいい! ほのぼの系でなく、しっかり強度のあるギャグ作品なところがポイント高い。この3人もっと読んでいたいです。

■畑健二郎先生
「今回の賞の中で好きなものを一本選べ」と言われたら個人的にはこれをあげます。絵はアレですが、表情の作り方はとてもよく、オチまで含めてギャグも面白かったです。次を期待しています。絵は頑張ろう。

■藤田和日郎先生
アイディアは面白いし女の子達も可愛い。ただ、キャラが立つというのは、どんな状況でも読者が簡単にそのキャラの行動や発言が想像できるってこと。その点、君のキャラは想像が微妙につかない。キャラを考え抜いて!

この作品を読む

「不死身気味の田中」太川善之(20歳・福岡県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
うーん、何をどう面白がっていいのか、サッパリわからなかった…(笑)

■田中モトユキ先生
ギャグやコメディ作品って実は“共感”が必要だと思うのです。読者が“誰か”の視点に立って読み進めていく。この作品の場合は、二人とも共感できない。いじめられて嬉しがってる人間(?)、いじめたい人間ですからね。

■畑健二郎先生
絵は綺麗で話も読みやすかったです。ただ、笑いの型が一つしかないので、どうしても読んでて飽きてしまう。もっと短くまとめた方がよかったかなと。奇抜なキャラはいいのですが、好感度は低いと思います。

■藤田和日郎先生
ハードボイルド! 登場人物の気持ちをフキダシに書かずに分からせるのが上手い。でも、ちょっと現実から浮いてるトコがある。もっと没入させるために、現実っぽい中でやってるんだよって読者を安心させてあげて。

この作品を読む

「神デレラ」西村マリコ(18歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
つまらなくはなかったけど… ギャグにイマイチのれなかった。でも、ラストで不良達に囲まれた時の主人公のモノローグはとても良かった。ギャグじゃない漫画も読んでみたいかも。

■田中モトユキ先生
この作品、神がかってる! 神に絡まれたら、きっとこうなると思える説得力! セリフのキレッキレさ、展開間も一切ムダがない。一般的に上手いと言われる絵柄ではないが、表現力はバッチリ!!

■畑健二郎先生
独特な雰囲気や画面作り、当たり前の形に収めようとしない姿勢には好感が持てます。しかし、全体的に未熟な印象。特にキャラに関して、好感度は低いイメージ。まずは絵から好感度の高いキャラを目指していきましょう。

■藤田和日郎先生
なんかゆかいな漫画だったよ。気持ちが良くなる漫画はステキだね。課題は二つ。キャラの魅力を考えること。ギャップで考えてね。あと変化を描くならば、変化前もしっかり描くこと。頑張ってね!

この作品を読む

「矛谷君と梃山君」島田依夜(26歳・神奈川県)

審査員評を見る

■青山剛昌先生
まあまあ面白かった! 矛谷君のキャラは良かったけど梃山くんのキャラがイマイチで、凸凹コンビが成り立たないような… でも、言いたい事は伝わってきたので良かったと思います。

■田中モトユキ先生
モノローグをもっと整理してほしい。使うなというわけではなく、効果的に使ってほしい。考えてることがダダ漏れの人間とは付き合いづらいですよね? 漫画のキャラも一緒です。後半はバランスがよく、読みやすいです。

■畑健二郎先生
絵はとても可愛いくて好感が持てます。読みやすく、話も綺麗にまとまってます。ただ全体的に印象が薄かったです。キャラに感情移入がしにくかったことが原因かなと思います。絵は確かなので今後の努力に期待です。

■藤田和日郎先生
属性違いの男の子同士の友情が元気よく描けてます。ただ、キャラが2人とも弱い。次の課題は魅力を持たせること。そのために、いいトコ悪いトコを持たせてくださいね。頑張れ!

少女・女性部門

佳作

この作品を読む

「婚活サイトのススメ」大塩七華(31歳・埼玉県)

審査員評を見る

■花緒莉先生
ペンタッチもキレイで絵柄が魅力的。画面も読みやすく、最後まで楽しく読めました! 婚活サイトのお話なので欲を言えば、運命の人に出会ったターンを読みたかったです。主人公の本気の恋が見てみたいと思いました。

■杉山美和子先生
あるあるネタに頷きながら楽しく最後まで読ませていただきました。男らしいヒロインとお守役のヒーロー共に好印象でした。婚活相手が、もっとゲス&クズい感じだと読後感がスッキリ気持ちよくなったかなと思いました。

■能登山けいこ先生
婚活サイトがどういうものか、読者にわかりやすく丁寧に説明されていて、話に入り込みやすかったです。ただ、主人公が騙される展開の上、恋愛要素も少なめだったので、次はカタルシスの部分も多めに作ってほしいです。

■水城せとな先生
HOW TOものとしてはわかりやすく楽しめました。この作品だけでは、個性や作家性(読みたい、欲しいと思うか)については判断できませんが、“マンガでみる○○”みたいなお仕事をするのが希望ならば、重宝されると思います。

この作品を読む

「甘く苦く満たして」逆巻詩音(13歳・東京都)

審査員評を見る

■花緒莉先生
13歳でこの画力はすごいと思いました。モノローグも一貫性があり、魅力的でしたが、伴うエピソードとシーンがちぐはぐに感じるところがありました。注目してほしいポイントを掘り下げると、より魅力的になると思います。

■杉山美和子先生
キャラクターたちのやり取りが全て瑞々しく、心をえぐられました。キャラクターを理解し、よく描けています。人物の描き分けが甘いので、他キャラとの区別がつくように意識して。これからの成長がとても楽しみです!

■能登山けいこ先生
主人公の心情がダイレクトに伝わってきて、とても面白かったです。「いいかげんな男」との関係を受け流せない主人公の気持ちがよくわかりました。もう少し「いいかげんな男」の描写があると、よりよくなると思います。

■水城せとな先生
「好き」「好き」と字で表面的に書いてあるだけで、漫画としてはキャラの感情が伝わってきませんでした。メインキャラ3人の見分けがつきにくいので髪形や髪の色、顔や体格の特徴など描き方を工夫するといいと思います。

この作品を読む

「おまじない☆Honey」大和わこ(32歳・宮崎県)

審査員評を見る

■花緒莉先生
キラキラした絵柄でトーン使いも効果的。華やかさが目を引きます。ただ、主人公の気持ちの変化が描かれていないのがもったいないです。心の変化にスポットを当てると、もっとステキなお話になったのではと思います。

■杉山美和子先生
華やかな絵、画面の処理や作り方など非常に達者で丁寧です。内容もわかりやすく、ストーリーの構成も一切のムダが見られませんが、どこかで見たことがある印象が残りました。オリジナリティのある作品作りを目指して。

■能登山けいこ先生
元気で勢いのある作品全体の雰囲気が、「読みたい」と思わせてくれました! 絵も華やかでとてもよかったです。やや教科書通りの展開なのが残念です。もっと個性を出せると、もっと面白いまんがが作れると思います。

■水城せとな先生
小物を上手く使って、ストーリーをきれいにまとめてあると思います。内容にメリハリがないので、小さなエピソードのパートと大きな見せ場を上手く割りふればもっと盛りあがると思います。絵は華があって見やすいです。

この作品を読む

「初恋コーヒーミルク」羽山ゆあ(19歳・大阪府)

審査員評を見る

■花緒莉先生
絵柄・デフォルメ、どちらもかわいくて魅力的でした! 見せ場もしっかりあって、とてもステキです。コマが重なるところが、読みにくく感じます。バランスを考えて入れ込むと、効果的になったのではないかと思いました。

■杉山美和子先生
頑張るヒロインや、モノローグが前向きでいじらしく、キュンキュンしました。しかし、パワフルなヒロインにテンションが引っ張られ、話のテンポがバタバタと忙しい印象です。緩急を意識して描けるように気を配って。

■能登山けいこ先生
絵がかわいくて、大ゴマの使い方や画面処理がとても上手! 主人公の気持ちにも共感しやすかったです。ただ、男の子が主人公のどこを好きだったのか分からなかったので、そこが表現できれば、さらによくなると思います。

■水城せとな先生
かわいらしいお話でした。年上の彼も、絵面的にかわいらしく描かれてしまっているので、もっと年上のステキさが描けるとよかったと思います。エピソードは、ゴチャゴチャしすぎで印象に残りづらかったです。

青年部門

入選

この作品を読む

「君を知ること」山中拓郎(22歳・静岡県)特別育成金

審査員評を見る

■花沢健吾先生
ありがちなストーリーだと思ったら、宇宙人が彼女を寝取ったり、そう来たかと唸るところがあって最後まで楽しめた。最後のオチは悪くないけど、もうひと捻りあると良かった。

■太田垣康男先生
軽妙なストーリーに対して絵柄が硬く、表情と演技に幅がないのが難点。

■浅野いにお先生
設定はありきたりでしたが、物語は破綻なくしっかりしていました。それが故に絵やコマ運びにメリハリがなく単調な印象を与えてしまっています。見せゴマはもっと大きく、場面転換はページのめくりに配置する等、テンポを意識した工夫が欲しかったです。それと設定自体ありえない漫画的なワンダーであって、現状描かれているのはあらすじを追うだけのト書きのような状態なので、背景や小物でしっかりと人間の生活感・リアリティーを出す演出が加われば、もっと作品の説得力が増すと思います。

■石塚真一先生
話の展開の良さで読ませる作者だと思いました。テンポに変化をつけるために、大きな絵(シーン)をもう少し取り入れても良いかと思います。

■業田良家先生
ストーリーにちゃんとアイディアがあり、青春の悩みや心情も描かれているので面白い。ただ登場人物の表情に魅力がない。色気がないというか、もっと活き活きとした人物表現を目指してほしい。

この作品を読む

「叔父の恋びと」つじ(31歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
女性向けの作品に多いのですが、誰のセリフか分からないフキダシが多く混乱する。結婚サギの青年の感情がよく分からなかった。雰囲気重視であとは察してくださいという感じがした。

■太田垣康男先生
人物の豊かな表情と優しい語り口は完成された安定感がある。新人離れした技術とセンスには舌を巻いた。謎を残す終わり方も予定調和を予想していた私を軽く裏切ってくれてシテやられた気分。

■浅野いにお先生
面白かったです。ただ絵柄で読者層はある程度限定されそうです。主人公が色々と物分かりが良すぎる気はしましたが、ストーリーは地に足がついたもので丁寧に考えられており完成されてます。おそらくこの作品の肝であろう情緒や悲哀はきちんと伝わりました。今後はこのテイストから頭一つ抜けた個性を獲得し、更に作風に合った媒体が見つかれば作家として活躍できるのではないでしょうか。

■石塚真一先生
デザイン性の高い絵、アングルやコマの配置も作者独特のモノを感じます。キャラクター達の言動にリアリティーがあるので、さらにシビアな人間関係も描ける作者だと思います。

■業田良家先生
ストーリーも分かりにくいし、登場人物の感情も私には伝わらなかった。もっと読者のことを考えてほしい。

この作品を読む

「8畳とプラズマ」大石日々(23歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
好感度の高い絵柄と魅力的なストーリーでしたが、物語をもう少し整理して読者に伝えたいことの優先度を明確にするべきです。例えばラストは見開きでオーロラを見てる二人とかにするなど起伏が欲しい。タイトルも微妙で、8畳とは主人公の部屋と推測するが明確にわかる絵が無いのでそこでも無駄に引っかかってしまう。

■太田垣康男先生
起承転結の「承」に殆どのページを費やし、それ以外のパートが疎かになっている。説明で終始しては物語ではないので、構成の段階で気付いて対処出来るようにしよう。

■浅野いにお先生
物語がほとんど部屋の中での会話だけで進行するにも関わらず、最後まで飽きさせない軽妙なセリフ運びはお見事でした。キャラの人格や脇役たちの描写はテンプレ感が強いので新鮮味はありません。人工知能をモチーフとした作品は今となっては珍しくなく、何歩も先を行っている作品が多数あるので、大人に読ませるのならAIが自意識を持った際にどのような社会的影響があるのか等、もっと掘り下げた独自の視点を加えて欲しかったです。

■石塚真一先生
設定に広がりを感じる作品でした。設定が広いだけに感情の置きどころに苦心の跡がうかがえました。登場人物の誰が、何を強く感じるかがキーかもしれません。

■業田良家先生
普通に面白い。23歳でこのレベルの絵とストーリーを描けるのはすごいことだとは思うのだが…。もうひとつ何か突き抜ける個性がほしい。

この作品を読む

「TENCHO」川口倖平(22歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
かなりの画力でバカをやるのは好感が持てるが、もう少しコンビニならではのネタが入ってくると良かった。出オチで終わっている。もっと突き抜けて欲しい。

■太田垣康男先生
コメディー漫画ほどリズム感が大切。コマ割りもキャラの表情も緩急をもっと意識しないとテンポが悪くなり単調な印象を与えます。店長のキャラ付けもまだまだアイディア不足。

■浅野いにお先生
非常に評価の難しい作品です。作者ご本人は意識されてないのかもしれませんが「坂本ですが?」にそっくりでした。僕が「坂本ですが?」を知らなかったら余裕の満点でした。漫画作りにおいてこのような偶然の一致は度々起こることなのですが、こればかりは早いもん勝ちです。全体的なスキルは超達者なので別の作品を読んでみたいです。個人的には1P目表紙のドラァグ漫画感に一番笑いました。

■石塚真一先生
思い切った主人公がいい。私生活まで見たくなりました。小気味良いテンポ、絵も読みやすい。続きが読みたい。

■業田良家先生
愉快で面白い作品だった。絵が巧く、的確な表現で細かな表情も描き分ける画力があるから、あり得ない場面でもリアリティーが宿る。ギャグでもシリアスでも描ける人だろう。才能を感じた。

この作品を読む

「僕はトイレが怖いんです。」浦部はいむ(22歳・大阪府)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
絵は非常に魅力的だが少々雑さが目立ち、伝わりづらくなってます。オチもよくあるパターンで引っかかりが弱かった。

■太田垣康男先生
とても怖かったです。妙に温かみのある絵柄とのギャップで、ホラーの怖さが倍増してます。とても背筋が寒くなりました!

■浅野いにお先生
絵柄は好みなのですが、話が理解できませんでした。作者の意図を汲み取って理解することも出来なくはないんですが、いかんせん非現実な話なので、如何様にでも想像できてしまう。つまり説明不足。絵柄もぶっきらぼうなので作者のこのテイストに寄り添おうとするこちらの気持ちが失せてしまいました、この漫画で伝えたいことは何なのか、野暮かもしれませんが、ひと言セリフで説明して欲しかったです。

■石塚真一先生
思い切りの良い線とスタイル。にも関わらず読みやすい。怖い話にマッチングした絵のせいか、キャラクターの感情も分かりやすかった。

■業田良家先生
描線に勢いと自由さがあり、期待したい。作者の内面にも暗く隠されたものを感じるので期待したい。

佳作

この作品を読む

「ドリーマー」森(22歳・大阪府)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
読後感が爽やかで良い。思い通りになる夢を見る薬の設定も良いが、もうひと捻り欲しい。

■太田垣康男先生
SF 的な要素を押すなら、薬で得た幸福と、その代償を描いて欲しかったし、恋愛ドラマの要素を押すなら、彼女のために主人公が何かしらの行動をする所を見たかった。現状では何もしない主人公のひとり相撲でしかない。

■浅野いにお先生
まず人物の顔の描き分けができていません。絵柄は特徴があるので活かしつつ、しっかり差別化しましょう。ストーリーは素直な作りでキャラの性格も真っ直ぐなので好印象です。しかし「現実で行動しよう」という主題ははっきりしているのですが、それはヒロインが勝手に導き出した答えであって、主人公はそれに何も関わっていないただの傍観者では物語としてカタルシスがありません。雰囲気はある方なので、ストーリー作りの基本を学んで読者が満足する読後感を得られるよう努力してください。

■石塚真一先生
明るい話に元気をもらいました。まっすぐなキャラクター達、悩み方も若々しくストレート。もう少しひねくれたキャラクターも見てみたい。

■業田良家先生
作中の「明晰夢」というアイディアはどんなことでも描けそうな気がするのだが、いざ漫画にしようとすると、夢を表現することの難しさに気がつき挫折することが多い。それでも本作は片思いの切なさを上手に描けているのではないだろうか。ページ数をもっと減らして描く努力を!

この作品を読む

「面影と手土産は実家に置いて」小川小春(25歳・兵庫県)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
絵も物語も誠実で好感が持てた。過去の色々な年齢の娘たちが出てくるコマは感動的だが、キメゴマでもあるので何度も出さない方が良いと思う。平面的な絵が多いので次は立体的な絵作りを意識して描いて欲しい。

■太田垣康男先生
私は息子しかいませんが、もし娘を持ってたらこの作品を読んでお父さんに感情移入し号泣してたと思います(苦笑)。幼い頃から少しずつ成長していく娘の描き方に作者の愛情の深さを感じ、そこにもホロリとしました。

■浅野いにお先生
物語に派手さはありませんが作者の優しい視線が印象的な作品でした。作者の方はまだお若いのに随分渋い漫画を描きますね。父親以外のキャラは善意の部分しか描かれていないので、もう少し悪どい部分を追加して人間味を出しても良かったかもです。絵に関しては素朴な味わいはありますがまだまだ稚拙です。人物の顔も現状は記号のモンタージュのようになっているので、まずデッサンを勉強し、自然な表情やしぐさを表現できればもっと真に迫った感情を読者に伝えることができるようになるはずです。話作りのセンスはおいそれと上達はできませんが、絵は向上心さえあればすぐに上達するので頑張って欲しいです。

■石塚真一先生
人生に起こる出来事をていねいに描く。いいですね。作者の気持ちがきちんと込められた作品だと思います。複雑な人の心の現実をさらに追求していって欲しい。

■業田良家先生
娘の結婚と父親の心情は、泣ける話の定番なのだろう。この作品でもぐっと心に来るものがあり泣きそうになった。作者の力量を測るテーマとしても向いているかもしれない。

この作品を読む

「しののめののしめ」明太子(24歳・栃木県)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
ひとつひとつのコマを丁寧に描いていて好感はもてるが、ひとり語りが多く、決めゴマが明確でないので、物語のどこに重点を置いているのか分からず、最後までボンヤリ読んでしまった。何を読者に伝えたかったのかも曖昧だった。

■太田垣康男先生
一生懸命に描き込んだ絵に反して、後ろ向きな物語がとても残念。停滞している主人公の言い訳と、都合の良い夢に共感する読者が果たして何人いるだろうか?

■浅野いにお先生
独白が多すぎ、描き込み多すぎ、構図が不自然で読みづらい。第一に主人公がクズのくせに常に格好つけ顔なのが気に入らない。不満を挙げたらきりがないのに最後の1ページでウルっとしてしまいました。夢オチはご法度のはずなのに前半のダラダラ展開も相まって不意打ちでした。これを狙って構成したのならば、かなりのセンスです。次作を期待します。

■石塚真一先生
キャラクターの全身が入る場面を何度も何度もていねいに描いています。とても好感が持てました。キャラクター達の「心の関係性」をもう少し自由に考えても良いかもしれません。

■業田良家先生
人物そして風景に対する細かい描き込みに個性を感じる。最後は夢オチではなく、ちゃんとしたアイディアをひねり出してほしい。アイディアが出せなくて逃げてる感じがする。

この作品を読む

「7次元の宿題」若里実(34歳・東京都)

審査員評を見る

■花沢健吾先生
どういう気持ちで描いて、何を読者に伝えたいのかさっぱり分からない作品でした。ギャグなのだろうか。理解できないものを描くのならもっと突き抜けて欲しい。中途半端な気がする。

■太田垣康男先生
好みの別れる作品だと思いますが、私は全体的に「薄い」と感じました。絵もストーリーも味になる程の軽さが出ていないので、もう少し工夫が必要でしょう。

■浅野いにお先生
WEB やSNS に投稿するならまだしも、このクオリティーで商業一般誌掲載はありえません。腐女子向けに描かれてるのかもしれませんが、腐女子文化に関心がない読者にとっても面白いと思える要素が欲しかったです。

■石塚真一先生
飛んだ設定の作品。飛んだままラストを迎える力技におどろきました。もう少しタメのある笑いも見てみたい。

■業田良家先生
ギャグセンスはある。この内容を半分以下のページ数で描いてほしい。このレベルを量産できるかどうかが大切。

※大賞以上の受賞作がありませんでしたので、部門毎の最優秀作の作品に特別育成金100万円が授与されます。児童部門は入選と佳作の2作品に、少年部門は入選全作品に、少女・女性部門は佳作全作品に等分で授与されます。


ページ
トップ